動画コンテスト

「世界ひと模様~ドットワールド動画コンテスト」始まる!

 2019年7月、現地から見た世界を知るニュースサイト「ドットワールド」が立ち上がりました。これは、多様な価値観を理解し、受容し合える世界の実現を目指すため、世界の人々が見ている景色や、彼らが大切に守っているもの、あるいは現地の論調や見方をさまざまな形で伝えるメディアです。
 その一環として、「世界ひと模様~ドットワールド動画コンテスト」が始まりました。これは、開発途上国の暮らしや、人々の日常、思いを伝える映像作品を年3回募集し、世界を多角的かつ多層的に理解する一助とするとともに、映像記者やクリエイターなど、現地に根差した発信を志す若手を応援することを目指すものです。

 現在、第1回コンテストの応募作品を募集中です。

 <募集テーマ> 「笑顔」    

   アジアの国々の暮らしの中で笑顔が生まれる瞬間を描くショートムービーを募ります。

 審査の流れは、以下の通りです。

審査員について

一次審査:「ドットワールド」編集部内の審査チームにより行います。

二次審査:以下の審査委員の方々により行います。

・遠藤 耕太 氏(株式会社ストライプス代表取締役社長 プロデューサー)
・関根 健次 氏(ユナイテッドピープル株式会社 代表取締役/
            一般社団法人国際平和映像祭 代表理事)
・桜木 奈央子 氏(フォトグラファー/「cinema stars アフリカ星空映画館」代表)
・竹内 正興(一般財団法人国際開発センター 理事長)

応募要項

募集内容

 アジアの国々の日常に根付く習慣、伝統など、脈々と受け継がれる価値観や人々の思いが透けて見える一コマを切り取った短編映像(ショートムービー)を募集します。
 5分程度の作品であれば、プロアマ、応募者の年齢、性別、国籍、学歴の一切の制限はございません(ただし、音声が外国語の場合は日本語字幕をつけてください)。
 個人に限らず、チーム、プロジェクト、団体、法人でのご応募も可能です。
 すでに商用利用されたり、商用使用が決まっている企画、 もしくは第三者(法人含む)が権利を有する企画、特定の宗教や思想を勧奨、あるいは誹謗中傷する企画、公序良俗に反する企画等はご応募いただけません(詳細は応募約款をご確認の上、ご応募ください)。

応募期間

 2019年7月18日(木)~2019年10月18日(金)  *日本時間23時59分まで
※応募期間中にwebエントリーおよびURLの送付手続きを完了して下さい。

STEP1:エントリー
 所定のwebエントリーが必要です。フォームからエントリーいただきます。
 エントリーには、応募規約への同意が必要となります。上の応募規約の内容をよくお読みください。

STEP2:メールの自動送信
 webエントリーが完了すると、ご登録いただいたメールアドレスに「webエントリー受付完了メール」が自動送信されます。

STEP3:提出物送付
 インターネット動画共有サイト「YouTube」に映像を投稿してください。その後、代表者の名前とURLを以下のアドレスまでメールでお送りください。実写・アニメ・CG等、ジャンルは問いません。
 動画サイズ:1920×1080、ファイル形式:MPEG、フレームレート:23.98 を推奨します。
 必ず、YouTubeの「利用規約」を確認し、全ての項目にご同意いただいたうえで投稿してください。

   監督の履歴書をwordまたはPDFの形式で添付してください。

<URL&履歴書の送付先/その他お問い合わせ先>
E-mail: movie@dotworld.press

ピックアップ記事

  1. 2020-7-6

    ラテンアメリカの「今」を届ける 第1回

     かつて「麻薬戦争」の最前線となり、「世界で最も危険な街」と呼ばれたコロンビア第二の都市メデジンが、…
  2. 2020-7-2

    「南米の優等生」チリのつまずき

    2019年秋にチリで発生した大規模デモは、非常事態宣言の発令や軍の出動、国際会議の中止などの事態を招…
  3. 2020-6-28

    東南アジアで育まれるクリエイティブ精神

    雪への憧れが生んだキャラクター  カンボジアで有名なお土産・アンコールクッキー。このロゴをデザイン…
  4. 2020-6-20

    小原浩靖監督作品「日本人の忘れもの フィリピンと中国の残留邦人」 

     太平洋戦争が終結して今年で75年。敗戦によって父親と行き別れになり、反日感情が強かったフィリピン各…
ページ上部へ戻る