著作権について

著作権について

 ドットワールドに掲載している記事、写真、表、イラスト、グラフ、動画、音声などのコンテンツの著作権は、ドットワールドまたは、寄稿者、カメラマンなど正当な権利を有する第三者に帰属しています。これらのコンテンツの一部または全部を著作権法第30条に規定する私的使用以外の目的で複製、公衆送信、翻案することはできません。たとえば、著作権者の許諾を得ずにWebサイトやSNS、ブログ等にコンテンツを転載したり、メールマガジンで配信したりすることは、違法行為となります。

 なお、ドットワールドは、JRRC(公益社団法人日本複製権センター)やJCOPY(出版者著作権管理機構)に発行物のコピーなど利用許諾の権利を委託していません。このため、JRRC、JCOPYとご利用契約をされている方であっても、コンテンツをコピーなど二次利用するには、編集部の許諾が必要になります。

 なお、「引用」についてもご注意ください。著作権法第32条には「公表された著作物は、引用して利用することができる」との規定があり、同法では、権利者の事前の許諾なく引用することを規定していますが、同法32条では、さらに「その引用は、公正な慣行に合致するものであり、かつ、報道、批評、研究その他の引用の目的上正当な範囲内で行なわれるものでなければならない」と規定されています。ただ単にかぎかっこ「 」をつけて出所を表示しただけでは、著作権法で定められた「引用」に該当しませんので、ご注意ください。

◆リンクについて

 ドットワールドの各記事のページなどへのリンクは、原則として自由ですが、リンクの方法やリンク先によってはお断りすることもあります。また、下記の事項をご了承のうえ、遵守してください。

・URLは予告なく変更・削除する可能性がありますので、ご了承ください。

・リンクする際には、ドットワールドのコンテンツであること(出典)を必ず明記してください。

・独自のフレームの中にドットワールドのコンテンツを取り込んだ形でリンクしたり(フレーム内リンク)、写真単体にリンクを張ったりするなど、出所が不明瞭な形でのリンクはしないでください。

・商業的な利用を希望される方は、事前の話し合いが必要となりますので、ご連絡ください

・公序良俗に反するウェブサイトへのリンクは固くお断りします。

 上記の項目を守っていただけない場合、またはリンクによってドットワールドの信頼性や品位を損ねたり、経済的損失が発生したりする恐れがあると判断された場合は、リンクをお断りすることがあります。また、一度リンクを許諾しても、許諾後に判明した事情等によって許諾を取り消す場合がありますので、ご了承ください。

◆お問い合わせ先

著作権およびリンクに関するお問い合わせはこちら

E-mail:contact@dotworld.press

ピックアップ記事

  1. 2020-9-11

    米国Z世代クリエーターがTikTok動画で伝えるメッセージ

     若年層を中心に米国で大人気の短編動画投稿アプリ、TikTok。ユーザーは米国内で1億人、世界では8…
  2. 2020-9-3

    【ミャンマー総選挙2020】収監された映画監督はなぜスーチー氏を支持するのか

     2015年の総選挙で地滑り的勝利で政権交代を果たしたアウンサンスーチー氏率いるミャンマーの国民民主…
  3. 2020-8-24

    香港から始まる米中ブロック経済化の行方は

     2020年7月1日、香港に国家安全維持法(国安法)が導入され、一国二制度が崩壊した。1997年7月…
  4. 2020-8-20

    バイデン米大統領候補の国際協調戦略を読む

     米国の大統領選挙が11月に迫っている。野党・民主党の大統領候補に選出されたジョー・バイデン前副大統…
  5. 2020-8-13

    ラテンアメリカの「今」を届ける 第2回

     2016年に世界的なニュースとなった、左派ゲリラ・コロンビア革命軍(以下、FARC)とコロンビア政…
ページ上部へ戻る