カテゴリー:社会を読み解く

    ミャンマーに浸透する中国の宣伝工作

    筆者のいない記事? [caption id="attachment_5469" align="aligncenter" width="400"] ボイス・デイリーに掲載された記事広告「香港はヤンゴンの鏡」(筆者撮影…

    ケニア農業の現在地とこれから

    個人商店が一大企業へ  独立前夜の1963年、英国資本の小さな個人商店がケニアで静かに歩き始めた。以来、農家の抱える課題を解決するため、半世紀以上にわたり現場主義を貫いてきた同社の名は、アミラン(Amiran Keny…

    自分たちの言葉は教会で学んだ

    春休みの教会は学校になる  まだあどけなさが残る若い女性教師が、ホワイトボードに書かれたアルファベットをもとに「アウン、オン、イン」などと発音すると、続けて子どもたちが後を追う。カチン語を習う子どもたちは小学校の1年生…

    デジタル・バングラデシュ(第2話)

    デルタの大国が直面する気候変動問題    いまから百年後に    わたしの詩の葉を 心をこめて読んでくれる人    君はだれかー [caption id="attachment_5340" align="al…

    中国の一帯一路と対ラオス鉄道支援

    中国の一帯一路政策の下、ラオスで高速鉄道の建設が進んでいる。経済規模が中国の地方都市にもおよばず、いまだに最貧国に位置付けられているラオスにとって、悲願とも言える事業だが、中国への依存や借金の増大、環境破壊など、多くの課…

    自分たちの言葉を守る戦い

    慈善団体が運営  ミャンマー北部カチン州ミッチーナ郊外にある市民団体の2階に、カチンタイムズの編集部があった。カチン州によくみられる植物の葉を壁に用いた木造建物の階段を上がろうとすると、鉱山労働者の姿を映した写真パネル…

    肌の漂白剤で蝕まれる健康と美(下)

    漂白剤から見える社会構造  現在、アフリカで肌の漂白剤が女性を白く覆いつつある。漂白剤が健康に悪影響を及ぼすことが明らかになり、各国政府は次々に使用禁止を打ち出しているが、依然として多くの女性たちが漂白剤を使い続けてい…

    インドに絵本を売り込んだ二人の男

    ”戦友”と迎えた記念すべき日  「デール・ヘイ、マガル、アンデール・ナヒン・ヘイ」           これはヒンディー語の諺(ことわざ)だ。日本語では「時間はかかる。でも、暗闇ではない」という意味である。  イン…

    ベトナム映画の今昔 変わる作風と映画館事情

     ”ベトナム映画”と聞くと、どんなイメージをお持ちだろうか。トラン・アン・ユン監督の「青いパパイヤの香り」、それとも「ラ・マン(愛人)」「インドシナ」。「Co Ba Saigon(仕立て屋 サイゴンを生きる)」を挙げる人…

    タイ最大のスラムの立ち退き問題

    住民が恐れる2つのこと  「微笑みの国」と称され、平和で穏やかなイメージを持つタイ。だが、そんな見方とは裏腹に、同国は2014年のクーデター以来、5年にわたって軍事政権が続き、今年7月にようやく民政に復帰した。新政権の…

ピックアップ記事

  1. 2019-11-18

    ミャンマーに浸透する中国の宣伝工作

    筆者のいない記事? [caption id="attachment_5469" align="…
  2. 2019-9-12

    インドに絵本を売り込んだ二人の男

    ”戦友”と迎えた記念すべき日  「デール・ヘイ、マガル、アンデール・ナヒン・ヘイ」        …
  3. 2019-9-10

    ベトナム映画の今昔 変わる作風と映画館事情

     ”ベトナム映画”と聞くと、どんなイメージをお持ちだろうか。トラン・アン・ユン監督の「青いパパイヤの…
  4. 2019-8-26

    タイ最大のスラムの立ち退き問題

    住民が恐れる2つのこと  「微笑みの国」と称され、平和で穏やかなイメージを持つタイ。だが、そんな見…
ページ上部へ戻る