カテゴリー:世界写真館

    【Pray for Myanmar】ダウンタウンの日常

       
    (c) 亀山仁 ヤンゴンのダウンタウンで、建物の脇の路地を入っていくと突然、生活の場に出会う時がある。共同住宅の建物の裏に中庭のようなスペースがあり、住民…

    カフェの店員(ルーマニア)

       
    (c) 茂木智行 いい具合にくたびれた昔ながらのトラムシステムが今も現役で使われている東部の街、ブライラ。撮影の合間に昼食をとったレストランで、店員たちが…

    生鮮市場(バングラデシュ)

       
    (c) 米屋こうじ バングラデシュの首都ダッカ郊外の街で迷い込んだ市場の風景。明るいライトで照らされた野菜はどれも新鮮そのものだ。色ツヤよい野菜に囲まれた…

    ハシビロコウを探すボートサファリ(ウガンダ)

       
    (c) 山形豪 エンテベ空港からほど近いマバンバ湿地では、近年、日本でも大人気のペリカン目の鳥、ハシビロコウを探すボートサファリが評判で、世界中から人が訪…

    【Pray for Myanmar】閉じ込められるロヒンギャ

       
    (c) 新畑克也 ラカイン州シットウェ市街でロヒンギャ住民が隔離されている「アウンミンガラー地区」。2012年に起きた仏教徒ラカイン族との衝突でイスラム教…

    【Pray for Myanmar】スイカ売りの少女

       
    (c) 小池隆  初めて会った時はスイカを載せた大きなお皿をホームのベンチに置き、客が食べ終わった皮をしゃぶって喉の渇きを癒していた少女。3年の間にずいぶ…

    世界遺産エルサレムの旅に思う

       
     パレスチナ暫定自治区のガザ地区を実効支配するイスラム組織ハマスが今年10月7日、イスラエルに対して大規模な越境攻撃を行ったことを受け、イスラエル軍は報復作戦と…

    買い物帰りの夫婦(ルーマニア)

       
    (c) 茂木智行 街の中を走るイメージがあるトラムだが、街と街を結んでいることも稀にある。西部の街、アラドから衛星都市ギオロクへの路線はその一つ。1時間に…

    【Pray for Myanmar】馬車の走る街

       
    (c)米屋こうじ 標高約1100mの高原にあるピンウールィン。英国統治時代避暑地として栄えた街を闊歩する馬車がよく似合う。英国の有名なコメディアンに似た御…

    独立記念日のパレード(ウズベキスタン)

       
    (c) 三田崇博 旧ソ連の構成国であったウズベキスタン。首都のタシュケントの独立広場ではこの日パレードが行われ夜には花火も打ち上げられました。とても多くの…

ピックアップ記事

  1. 2024-6-10

    バイデン政権のガザ対応と米大統領選の行方

     パレスチナ自治区を拠点とするイスラム組織ハマスが2023年10月にイスラエルを攻撃し、1200人以…
  2. 2024-6-6

    激戦の中の青春描く「Lose and Hope」 カレンニーの監督が製作

     監督も俳優も、泣きながら撮影したに違いない作品である。内戦が続くミャンマー・カレンニー(カヤー)州…
  3. 2024-6-1

    【歩く・見る・撮る】― 写真民俗誌/民族誌へのいざない ―

    ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  4. 2024-5-27

    「新幹線方式」を採用したインド高速鉄道の今

     インドで初となる高速鉄道の建設が急ピッチで進み出した。農民を中心とした地主の抵抗により遅れていた用…
ページ上部へ戻る