世界写真館 ~世界の輝きを写真にのせて~

  • 湖上の休息(ニカラグア)
    ニカラグア湖での漁は、夕方から始まり夜遅くまで続く。1度目の漁を終え次の漁場を目指す...
  • 祈りを終えて(バングラデシュ)
    数百万が参加するイスラム教の大集会イステマ(Ijtema)。会場となるトンギ地区から...
  • 村の小商い(ケニア)
    ケニアのナイバシャ近郊の村で見かけた、住居兼商店のカラフルな壁。ピンクと青は床屋さん...
  • 砕けた夢、残った夢(ミャンマー)
    世界一過酷なミャンマーの伝統格闘技ラウェイ。近年国際大会も開かれ、チャンピオンはミャ...
  • 物売りの少女(カンボジア)
    暑い一日も終わろうとしているカンボジアのプノンペン。夕涼みに来る人を相手に、まとわり...
  • テンション上がる祭り(ミャンマー)
    毎年8月、タウンビョンで行われる精霊信仰の祭祀に現世利益を求める人たちが大挙する。そ...
  • 朝の駅内市場(ミャンマー)
    駅を降りれば、そこは朝市。道路が未整備なので、住民たちの足は列車と牛車です。買い物が...
  • 平和への思い(コロンビア)
    「あいつはよく働くいい奴だったんだ」と男性が呟く。彼の仲間がここで地雷の犠牲となった...
  • 昼食の時間(ミャンマー)
    ミャンマー鉄道の主要幹線、ヤンゴン〜マンダレーに走る長距離列車。同区間を約15時...
  • 屋台の出前(ベトナム)
    ベトナム南部・メコンデルタ最大のカントー市場には、各地から食材が集まってくる。その食...

ピックアップ記事

  1. 2020-3-30

    新型コロナ対策 ベトナム・ホーチミン市のいま

     3月8日、国際婦人デー。ベトナムでは例年、カップルや夫婦だけでなく友達同士でも、女性にご馳走したり…
  2. 2020-3-29

    アウンサン家とビルマ・ナショナリズム

     「国を守ろうと頑張っているスーチーさんを応援したい」「彼女のようなリーダーはいない」――。2019…
  3. 2020-3-9

    進むタイの少子高齢化と地方分権

    典型的な街で生まれた先進的な取り組み  ショッピングセンターや映画館が建ち並ぶタイの首都、バンコク…
  4. 2020-2-29

    ケニアのイマドキ女子たちの選択

     時代と共に移り変わる流行。ここケニアでも、首都ナイロビを中心に、4~5年前から癖の強い髪をまとめて…
ページ上部へ戻る