カテゴリー:米屋こうじ

    【Pray for Myanmar】小さな店番

       
    (c) 米屋こうじ ミャンマーの首都ネピドーからバガンを結ぶ鉄道路線の小さな駅。ホーム上の果物屋で、学校から帰宅した少女が店番をしていた。そこへ遊びにきた…

    列車通学(スリランカ)

       
    (c) 米屋こうじ スリランカの中央高地に位置する、セイロン紅茶で名高いヌワラエリア。最寄り駅のナヌオヤを早朝に出発する始発列車は、主に地元の人々に利用さ…

    祈りを終えて(バングラデシュ)

       
    (c) 米屋こうじ 数百万が参加するイスラム教の大集会イステマ(Ijtema)。会場となるトンギ地区からダッカの都心へ帰る人々で列車の屋根上まで一杯になっ…

    昼食の時間(ミャンマー)

       
    (c)米屋こうじ ミャンマー鉄道の主要幹線、ヤンゴン〜マンダレーに走る長距離列車。同区間を約15時間で結ぶ。普通車の車内では生活の片鱗が間近に見られる。母…

ピックアップ記事

  1. 2021-4-26

    中国の「パックスシニカ」に翻弄される世界

     中国政府は4月18日から21日、海南省で「博鰲(ボーアオ)フォーラム」を開催した。これは、「中国版…
  2. 2021-4-17

    「まず知ってほしい」在日ミャンマー人たちの願い

    2021年2月1日に起きたクーデターに抗議する市民への弾圧が強硬化しているミャンマー。恐怖を植え付け…
  3. 2021-4-13

    北京五輪ボイコット論と米国の本気度

    中国の占領下にある東トルキスタン(中国側の呼称は「新疆ウイグル自治区」)で起きているウイグル人の大量…
  4. 2021-4-12

    親日の映画監督も収監中 【ミャンマー・クーデター現地ルポ4】

     2月のクーデター以降の国軍の市民への弾圧の犠牲者が600人を超え、泥沼化しているミャンマー。死者の…
  5. 2021-3-28

    ケニアの農村で高まるワクチンへの期待と不安

     新型コロナウイルスの感染拡大によって一変した世界。かつてない状況に各国ともさまざまな対応を迫られて…
ページ上部へ戻る