カテゴリー:ラオス

    東南アジアで育まれるクリエイティブ精神

       
    雪への憧れが生んだキャラクター  カンボジアで有名なお土産・アンコールクッキー。このロゴをデザインしたジェシー・アンは、弊社SocialCompassの通訳兼…

    世界遺産の街が直面する現実

       
    「ラオスにいったい何があるんですか?」という異色のタイトルが話題を呼んだ村上春樹の人気紀行文集。その中に収録されている「大いなるメコンの畔で」を読んだ人も多いだ…

    中国の一帯一路と対ラオス鉄道支援

       
    中国の一帯一路政策の下、ラオスで高速鉄道の建設が進んでいる。経済規模が中国の地方都市にもおよばず、いまだに最貧国に位置付けられているラオスにとって、悲願とも言え…

ピックアップ記事

  1. 2020-12-2

    フィリピン・マニラの最貧地区で始まった挑戦(上)

    世界中で猛威をふるう新型コロナウイルス。フィリピンでは今年1月末に初めて感染者が確認され、すぐに厳し…
  2. 2020-11-27

    中国のRCEP締結は「一帯一路PLUS版」

    中国、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドと東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国は11月…
  3. 2020-11-26

    米大統領選があぶり出した分断の本質

    世界的な注目を集めた米大統領選挙は11月3日に一般投票が行われ、民主党のジョー・バイデン大統領候補(…
  4. 2020-11-8

    科学と伝統の間で揺らぐケニアのコロナ対策

    新型コロナウイルスが世界を席捲し、各国が行動規制や移動制限に乗り出し感染拡大の防止に努める状況が続く…
ページ上部へ戻る