カテゴリー:ラオス

    世界遺産の街が直面する現実

    「ラオスにいったい何があるんですか?」という異色のタイトルが話題を呼んだ村上春樹の人気紀行文集。その中に収録されている「大いなるメコンの畔で」を読んだ人も多いだろう。街全体が世界遺産に登録されているルアンプラバンが舞台の…

    中国の一帯一路と対ラオス鉄道支援

    中国の一帯一路政策の下、ラオスで高速鉄道の建設が進んでいる。経済規模が中国の地方都市にもおよばず、いまだに最貧国に位置付けられているラオスにとって、悲願とも言える事業だが、中国への依存や借金の増大、環境破壊など、多くの課…

ピックアップ記事

  1. 2020-3-30

    新型コロナ対策 ベトナム・ホーチミン市のいま

     3月8日、国際婦人デー。ベトナムでは例年、カップルや夫婦だけでなく友達同士でも、女性にご馳走したり…
  2. 2020-3-29

    アウンサン家とビルマ・ナショナリズム

     「国を守ろうと頑張っているスーチーさんを応援したい」「彼女のようなリーダーはいない」――。2019…
  3. 2020-3-9

    進むタイの少子高齢化と地方分権

    典型的な街で生まれた先進的な取り組み  ショッピングセンターや映画館が建ち並ぶタイの首都、バンコク…
  4. 2020-2-29

    ケニアのイマドキ女子たちの選択

     時代と共に移り変わる流行。ここケニアでも、首都ナイロビを中心に、4~5年前から癖の強い髪をまとめて…
ページ上部へ戻る