病魔を払う水の力(ミャンマー)

  • 2020/4/12

(c)  レオ・Z

1年の穢れを払うため水をかけあうミャンマーの水かけ祭り。4月中旬に行われるはずだったが、今年は新型コロナウイルスのために中止となった。その代わり、現在ヤンゴンの街のいたるところで見かけるのが、市民らが自主的に設置した手洗い場だ。道行く人がウイルスの穢れを落とすのに重宝している。

 

 * ヤンゴン在住フォトグラファー。1996年ミャンマー・ヤンゴン生まれ、ビルマ族。チャンプ・アジア・プロダクション/ヤンゴン編集プロダクションで活動中

 

 

関連記事

ランキング

  1.  「ロヒンギャ問題」を適切に理解するための情報を持ち合わせている日本人は限られている。メディアによる…
  2.  8月末、中国とインドの国境に位置するヒマラヤ地域の係争地ラダック地方に中国が侵攻を試みたのを機に、…
  3.  2020年7月1日、香港に国家安全維持法(国安法)が導入され、一国二制度が崩壊した。1997年7月…

ピックアップ記事

  1.  「ロヒンギャ問題」を適切に理解するための情報を持ち合わせている日本人は限られている。メディアによる…
  2.  8月末、中国とインドの国境に位置するヒマラヤ地域の係争地ラダック地方に中国が侵攻を試みたのを機に、…
  3.  2020年7月1日、香港に国家安全維持法(国安法)が導入され、一国二制度が崩壊した。1997年7月…
ページ上部へ戻る