「卵に描かれた想い」
2021年4月4日(日)イースターストライキ

  • 2021/4/5

【編集部注:】

キリスト教の復活祭にあたる4月4日、ミャンマーに住むクリスチャンをはじめ、多くの人々が「民主的な国として復活しなければならない」という想いを込めて卵に絵を描きました。ここでは、そんな人々の姿を伝えるFacebook動画をご紹介します。

 

~ 以下、Facebook投稿より  ~

 今日はキリストの復活を記念するイースター(復活祭)の礼拝が世界的に行われています。

 ミャンマーのクリスチャンの間で呼びかけられていたのは、イースターエッグに様々な絵を描いて抗議をしようというものです。ミャンマーを、国軍というテロリストたちから救い、本当の民主的な国として復活する必要があるという、その想いが込められています。
 映像は、ナガ族とチン族のクリスチャンの方々です。

 

引用元URL:https://fb.watch/4FAmg7MHRL/

関連記事

ランキング

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2.  かつて恵比寿の東京写真美術館で、毎年開催されていた「世界報道写真展」。その2024年の受賞作品が4…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  4. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  5.  2023年10月にパレスチナの軍事組織ハマスがイスラエルに大規模攻撃を仕掛けて以来、イスラエル軍に…

ピックアップ記事

  1.  かつて恵比寿の東京写真美術館で、毎年開催されていた「世界報道写真展」。その拠点となるオランダ・アム…
  2.  台湾の頼清徳政権が正式にスタートして一カ月あまり。非党派・非営利団体・財団法人・シンク…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
ページ上部へ戻る