「卵に描かれた想い」
2021年4月4日(日)イースターストライキ

  • 2021/4/5

【編集部注:】

キリスト教の復活祭にあたる4月4日、ミャンマーに住むクリスチャンをはじめ、多くの人々が「民主的な国として復活しなければならない」という想いを込めて卵に絵を描きました。ここでは、そんな人々の姿を伝えるFacebook動画をご紹介します。

 

~ 以下、Facebook投稿より  ~

 今日はキリストの復活を記念するイースター(復活祭)の礼拝が世界的に行われています。

 ミャンマーのクリスチャンの間で呼びかけられていたのは、イースターエッグに様々な絵を描いて抗議をしようというものです。ミャンマーを、国軍というテロリストたちから救い、本当の民主的な国として復活する必要があるという、その想いが込められています。
 映像は、ナガ族とチン族のクリスチャンの方々です。

 

引用元URL:https://fb.watch/4FAmg7MHRL/

関連記事

ランキング

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…

ピックアップ記事

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…
ページ上部へ戻る