牛たちと生きる

  • 2020/9/8

(c) 山形豪

ヒンバ族の人々は、ナミビア北西部からアンゴラ南西部にかけての乾燥地帯で、牛を中心とした半遊牧の生活を営んでいる。古くからの文化・風習を維持しており、女性たちは粉末状に砕いた赤い岩石をバターと混ぜて体に塗ることでも知られている。

 

 

 

 

 

関連記事

ランキング

  1.  「ミャンマーを忘れないで」。10月8日、タイのバンコク芸術文化センターの一角に、若きミャンマー人の…
  2.  16の州から成る連邦制をとるドイツには地域ごとに独自の歴史と文化があり、異なる行政体の下でそれぞれ…
  3.  昨年2月のミャンマーの軍事クーデター後に抗議活動に参加して当局に追われる身となり、現在も国境地帯に…

ピックアップ記事

  1.  「ミャンマーを忘れないで」。10月8日、タイのバンコク芸術文化センターの一角に、若きミャンマー人の…
  2.  16の州から成る連邦制をとるドイツには地域ごとに独自の歴史と文化があり、異なる行政体の下でそれぞれ…
  3.  昨年2月のミャンマーの軍事クーデター後に抗議活動に参加して当局に追われる身となり、現在も国境地帯に…
ページ上部へ戻る