Newsletter vol.26(2020年11月配信)より

  • 2022/4/26

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛     ドットワールド Newsletter  vol.26 
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         https://dotworld.press

 こんにちは。
「ドットワールド Newsletter」へご登録いただき、心からお礼申し上げます。
「ドットワールド」は、記事、写真、動画を通じ、現地から見た「世界の姿」を伝えるニュースサイトです。

◆「社会を読み解く」の新着記事(2020年11月1日~2020年11月20日)

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

科学と伝統の間で揺らぐケニアのコロナ対策(グラスルーツウォーカーズ 主席研究員 Yuko Shem Okosh氏執筆)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 新型コロナウイルスがいまだ猛威をふるい、各国が感染拡大の防止に躍起となる状況が続く中、ケニア政府も数々の通達を出して行動や移動を制限していますが、なかなか徹底しないようです。
 現地の記者が村の葬儀に参列し、伝統や価値観が根強く残る中で感染対策を進める難しさと人々の葛藤に迫ります。
 ⇒ https://dotworld.press/kenya_covid19_science_tradition/

◆「世界写真館」の新着写真(2020年11月1日~2020年11月20日)

□■□……………………………………………………………………………………
列車通学(スリランカ)(写真家 米屋こうじ氏撮影)
■□■……………………………………………………………………………………
「スリランカの中央高地に位置する、セイロン紅茶で名高いヌワラエリア。最寄り駅のナヌオヤを早朝に出発する始発列車は、主に地元の人々に利用されている。夜明け前の青い光のなか、山間のグレートウェスタン駅は静寂に包まれていた。」
 ⇒ https://dotworld.press/photogallery_sri_lanka_train_students/

□■□…………………………………………………………………………………………………………
ロヒンギャ難民キャンプで(バングラデシュ)(写真家 新畑克也氏撮影)
■□■…………………………………………………………………………………………………………
 「ミャンマーで迫害を受けたロヒンギャの人々が隣国バングラデシュに大規模な避難を始めた2017年8月25日から約半年が経過した2018年2月、現地を訪れた。緑豊かだった丘陵は削られ、流入し続ける避難民のためのシェルター建設が進む。そばの井戸では女の子たちが辺りに目もくれず懸命に水汲みをしていた。」
 ⇒ https://dotworld.press/photogallery_bangladesh_rohingya_refugee_camp/

◆「現地の論調」の新着記事(2020年11月1日~2020年11月20日)

□■□…………………………………………………………………………………………………………………………………
アメリカ大統領選挙と長老政治(インドネシア Jakarta Post 2020年11月4日付 論説記事)
■□■…………………………………………………………………………………………………………………………………
 大混乱の後、ようやくジョー・バイデン候補の勝利が確定したアメリカ大統領選挙。
 インドネシアの英字紙ジャカルタ・ポスト紙は11月4日、この選挙が78歳のバイデン氏と、74歳の現職、ドナルド・トランプ大統領との闘いだったことに触れ、アメリカをはじめ各国で「長老」たちが政治の実権を握っていることに疑問を呈する編集長の論説記事を掲載しました。
 ⇒ https://dotworld.press/indonesia_commentary_saving_democracy_in_countries_for_old_men/

□■□……………………………………………………………………………………………………………………………………
 フランスの教訓からタイは何を学ぶのか(タイ Bangkok Post 2020年11月15日付 社説)
■□■……………………………………………………………………………………………………………………………………
 カンボジアの首都プノンペンで、ゴミ収集業者がストライキを実施。10月初旬からの2週間余り都内のゴミ収集活動が止まり、10月11日以降は豪雨による洪水もあいまって道路にゴミが流れ出す事態となりました。
 地元英字紙クメールタイムズは、10月15日付の社説でこの問題を採り上げています。
 ⇒ https://dotworld.press/cambodia_enough_of_this_garbage/

□■□……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
ローマ教皇が同性愛者の法的保護の支持を表明(フィリピン Philippine Daily Inquirer紙 2020年10月29日付 社説)
■□■……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 ローマ法王フランシスコが「同性愛者は神の子であり、家族を持つ権利をもっている」と発言していたことが明らかになり、歴代のローマ法王の中で初めて、同性カップルの法的権利の保証を支持しました。
 10月31日付のフィリピンの英字紙インクワイアラーは社説で、「重要な一歩」とする専門家の見方を紹介しています。
 ⇒ https://dotworld.press/philippines_the_popes_strong_signal/

□■□…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
ネパール・ペワ湖に迫る消滅の危機(ネパール The Kathmandu Post紙  2020年10月29日付 社説)
■□■…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 ネパールの代表的な観光地であるポカラ市のペワ湖が、環境破壊に直面していることにつて、10月29日付の地元英字紙カトマンドゥ・ポストは、社説で、対策が進まないことへの警告を発しました。
 ⇒ https://dotworld.press/nepal_phewa_lake/

□■□…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
バングラデシュの地元紙が気の緩みを警戒(バングラデシュ Daily Star紙  2020年10月26日付 社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 新型コロナウイルスの感染の「第二波」が世界的に広がっています。
 第一波も収束の見通しが立たないまま、感染者が再び増加している国もあり、バングラデシュの英字紙デイリースターは社説で対策を徹底するよう呼びかけました。
 ⇒ https://dotworld.press/bangladesh_braving_possible_second_wave/

□■□…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
タイの民主化要求デモ、対立の長期化を覚悟(タイ Bangkok Post紙  2020年10月29日付 社説)
■□■…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 タイで学生たちを中心に続く民主化デモは、タブー視されていた「王室改革」にまで要求が及んでいます。
 10月29日付の地元英字紙バンコクポストは、社説で、対立の原因は2014年のクーデターにあると現政権を厳しく批判しました。
 ⇒ https://dotworld.press/thailand_hope_for_end_to_deadlock/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
米国がインドネシアと南シナ海問題で協力を模索(インドネシア The Jakarta Post紙 2020年10月26日付 社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 米国のポンペオ国務長官は10月29日、インドネシアを訪問し、ルトノ外相と会談。中国などとの領有権争いが続く南シナ海問題で、インドネシアとの協力を模索すると表明しました。
 長官の訪問前の10月26日、インドネシアの英字紙ジャカルタ・ポストは、中国と米国のインド・太平洋地域をめぐる駆け引きを社説で採り上げ、インドネシアがゲームの主導権を失ってはならないと主張しました。
 ⇒ https://dotworld.press/indonesia_high_paced_chess/

□■□…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
高まる中国の脅威に危機感募らせるインド(インド Times of India紙 2020年 10月26日付 社説)
■□■…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 インドと米国は10月27日、ニューデリーで米印の外務・防衛担当閣僚会議(2プラス2)を開きました。
 インドの英字紙タイムズオブインディアは社説で、米国との関係強化を訴えました。
 ⇒ https://dotworld.press/india_2_plus_2_dialogue/

╋■┛「世界ひと模様~ドットワールド動画コンテストvol.2」絶賛募集中!!! ╋■┛

 ドットワールドでは、昨年に続き、今年も動画コンテストを開催します。
 世界を多角的、多層的に理解する一助となることを目指すとともに、映像記者やクリエイターなど、現地に根差した発信を志す若手を応援することを目的としています。
 今年のテーマは、「生きる」。
 途上国をはじめ、さまざまな国々で難しい状況に直面しつつ懸命に暮らす人々の日常を伝える5分以内の映像作品を募集します。 
 〆切は、2020年12月20日(日)です。
 「ドットワールド」のサイトで詳細をご覧の上、ぜひ奮ってご応募ください!!!

(募集情報 日本語)
 https://dotworld.press/moviecontest_2020_j/
 https://www.youtube.com/watch?v=e-Wzb-cFCmA

(募集情報 英語)
  https://dotworld.press/moviecontest_2020_e/
  https://www.youtube.com/watch?v=HVa2kTplXzw&feature=youtu.be

 

╋■┛ SNSも応援よろしくお願いします ╋■┛

Facebook  :@dotworld.press
Twitter    :@dotworld_press
Instagram :@dotworld.press

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・
【ドットワールド Newsletter】
このメールは、メールマガジンをご登録いただいた方にお送りしています。
以下のアドレス宛に、ご意見、ご感想をお寄せいただければ幸いです。
また、配信停止をご希望される方も、メールアドレスと配信停止の旨をご記載の上、こちらまでご連絡ください 。
newsletter@dotworld.press
*情報反映のタイミングにより、配信解除のお手続き後もメールが配信される場合がございます。
あらかじめご了承ください。

関連記事

ランキング

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  4. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  5.  軍事クーデター後のミャンマーで撮影されたドキュメンタリー映画『夜明けへの道』が、4月27日より全国…

ピックアップ記事

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2.  インドで初となる高速鉄道の建設が急ピッチで進み出した。農民を中心とした地主の抵抗により遅れていた用…
  3.  南太平洋島嶼国のソロモン諸島で4月17日、総選挙が行われ、国会議員50人と、9つの州および首都区域…
ページ上部へ戻る