Newsletter vol.27(2020年12月配信)より

  • 2022/4/26

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛     ドットワールド Newsletter  vol.27
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         https://dotworld.press

「ドットワールド Newsletter」へご登録いただいた皆様
 お世話になっております。
 2019年7月に始動したニュースサイト「ドットワールド」は、これからも記事や写真、動画を通じ、現地から見た「世界の姿」を伝えてまいります。

 

◆「社会を読み解く」の新着記事(2020年11月21日~2020年11月30日)

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………
中国のRCEP締結は「一帯一路PLUS版」(ジャーナリスト 福島香織氏執筆)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………
 中国、日本、韓国、オーストラリア、ニュージーランドとASEAN10カ国は、11月15日、東アジア地域包括的経済連携(RCEP)協定に調印しました。
 人口もGDPも世界の3割を占める自由貿易圏が成立したことで、アジアにおける中国の影響力が一層強まるとみられています。
 中国が目指す人民元の国際化にとって大きな意義があり、そのインパクトは2001年のWTO加盟に勝るとも劣らないと言われるRCEPによって世界がどう変わるのか、中国情勢に詳しい筆者が読み解きます。
 ⇒ https://dotworld.press/china_rcep_one_belt_one_road_initiative_plus/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………
米大統領選があぶり出した分断の本質(在米ジャーナリスト 岩田太郎氏執筆)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………
 民主党のジョー・バイデン候補が勝利した米大統領選挙。選挙戦は現職のドナルド・トランプ大統領を頂点とする支持者らとの間に深刻な分裂をもたらし、バイデン派はいまだに融和の糸口すら見いだせていません。
 現地在住の筆者は、自分が社会から排除されるのではないかという恐怖心が人々の間に亀裂を生み、溝を広げていると分析します。
 ⇒ https://dotworld.press/us_presidential_election_divided_societies/

◆「世界写真館」の新着写真(2020年11月21日~2020年11月30日)

□■□……………………………………………………………………………………………………………
道を渡るのも命懸け(ミャンマー)(写真家 兵頭千夏氏撮影)
■□■……………………………………………………………………………………………………………
「急速に発展する最大都市ヤンゴン。車両用の信号はあっても人が横断するための信号まで整備が行き届いていない。集団下校をする児童は命懸けだ。みんな、なぜ裸足なのだろう。転ばないよう気をつけているのかな?」
 ⇒ https://dotworld.press/photogallery_myanmar_students/

◆「現地の論調」の新着記事(2020年11月21日~2020年11月30日)

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
ネパールは「女の子がいらない国」なのか?(ネパール Kathmandu Post紙  2020年11月26日付 社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 ネパールでは、女性に男児の出産を強いる考え方が社会に深く根付いていると言われています。
 地元英字紙カトマンドゥ・ポストは11月26日付の社説でこの問題をとりあげています。
 ⇒ https://dotworld.press/nepal_no_country_for_girl_child/

□■□…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
「偉大な彼はもういない」サッカーの神様、マラドーナ氏を悼む(バングラデシュ Daily Star紙  2020年11月27日付 社説)
■□■…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 アルゼンチン出身、サッカー史に名を残すディエゴ・マラドーナさんが11月25日、60歳で亡くなりました。
 薬物依存などスキャンダラスな面もあったものの、貧しい家庭に生まれながらサッカーの「神様」にまで駆け上がった人生は世界中の人たちを魅了しました。
 バングラデシュの英字紙デイリースターは11月27日付の社説で、彼の死をとりあげています。
 ⇒ https://dotworld.press/argentina_the_great_man_no_more/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
パキスタンの司法で問われる証人保護(パキスタン Dawn紙 2020年11月20日付 社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 パキスタンでは、最近、事件の証言に立った証人が、自身や近親者に報復がおよぶことを恐れ、相次いで証言を取り下げる事態が起きています。
 地元英字紙ドーンは11月20日、法の正義のために証人保護プログラムを早急に実効性のあるものにすべきだと訴える社説を掲載しました。
 ⇒ https://dotworld.press/pakistan_witness_protection/

◆「KINOKUNIYAランキング」の新着記事(2020年10~11月)はこちら:

■□■……………………………………………………………………………………………………………
マレーシア紀伊國屋書店(Political & Science)  2020年10~11月
■□■……………………………………………………………………………………………………………
マレーシア紀伊國屋店で10-11月に最も売れた英語書籍3冊(Political & Science分野)を紹介しています。
・Ten Lessons for a Past Pandemic World(ポストコロナの世界へ向けた10のレッスン)
・Why Nations Fall: The Origins of Power, Prosperity and Poverty (なぜ国家は破綻するのか:権力、反映、貧困の起源)
・Blood and Oil (血と油)
⇒ https://dotworld.press/rankingpage/

╋■┛「世界ひと模様~ドットワールド動画コンテストvol.2」もうすぐ〆切!!! ╋■┛

 ドットワールドでは、昨年に続き、今年も動画コンテストを開催します。
 世界を多角的、多層的に理解する一助となることを目指すとともに、映像記者やクリエイターなど、現地に根差した発信を志す若手を応援することを目的としています。
 今年のテーマは、「生きる」。
 途上国をはじめ、さまざまな国々で難しい状況に直面しつつ懸命に暮らす人々の日常を伝える5分以内の映像作品を募集します。 
  〆切は、2020年12月20日(日)です!
 「ドットワールド」のサイトで詳細をご覧の上、ぜひ奮ってご応募ください!!!

(募集情報 日本語)
 https://dotworld.press/moviecontest_2020_j/
 https://www.youtube.com/watch?v=e-Wzb-cFCmA

(募集情報 英語)
  https://dotworld.press/moviecontest_2020_e/
  https://www.youtube.com/watch?v=HVa2kTplXzw&feature=youtu.be

 
╋■┛ SNSも応援よろしくお願いします ╋■┛
Facebook :@dotworld.press
Twitter   :@dotworld_press
Instagram :@dotworld.press

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・
【ドットワールド Newsletter】
 このメールは、メールマガジンをご登録いただいた方にお送りしています。
 以下のアドレス宛に、ご意見、ご感想をお寄せいただければ幸いです。
 また、配信停止をご希望される方も、メールアドレスと配信停止の旨をご記載の上、こちらまでご連絡ください 。
 newsletter@dotworld.press

*情報反映のタイミングにより、配信解除のお手続き後もメールが配信される場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

関連記事

ランキング

  1.  ゴミ山に足を踏み入れると、ただ呼吸をするだけで吐き気が込み上げてくる。暴力的な臭気が容赦なく鼻から…
  2.  パレスチナのガザ地区を実効支配する武装組織ハマスは10月7日、イスラエルへの攻撃を行いました。対す…
  3.  近年、太平洋島嶼国を舞台に顕在化しつつある先進国と途上国の対立点が3つある。第一に、早ければ8月2…

ピックアップ記事

  1.  ゴミ山に足を踏み入れると、ただ呼吸をするだけで吐き気が込み上げてくる。暴力的な臭気が容赦なく鼻から…
  2.  パレスチナのガザ地区を実効支配する武装組織ハマスは10月7日、イスラエルへの攻撃を行いました。対す…
  3.  近年、太平洋島嶼国を舞台に顕在化しつつある先進国と途上国の対立点が3つある。第一に、早ければ8月2…
ページ上部へ戻る