【歩く・見る・撮る】― 写真民俗誌/民族誌へのいざない ―
ミャンマー(ビルマ)から ⑱ <水浴び>

  • 2024/5/1

ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全権を掌握した」と宣言してから3年以上が経過しました。この間、クーデターの動きを予測できなかった反省から、30年にわたり撮りためてきた約17万枚の写真と向き合い、「見えていなかったもの」や外国人取材者としての役割を自問し続けたフォトジャーナリストの宇田有三さんが、記録された人々の営みや街の姿からミャンマーの社会を思考する新たな挑戦を始めました。時空間を超えて歴史をひも解く連載の第18話です。

 ⑱<水浴び> 

 ビルマ(ミャンマー)の農村部に行くと、今でも戸外で水浴びをしている光景によく出くわす。また、安宿に泊まると、屋内外で共同の水浴びがあり、私自身もそこで水浴びをすることになる。その際、日本の水浴びと違って、服を完全に脱ぐことはない。つまり、全裸にならないのである。また、ヤンゴンやマンダレーという都会でも、その周辺部では共同の水浴び場が利用されている。

 ビルマ人は毎日、時には日に何回も水浴をして身体を清潔に保っている。水浴用の古いロンジーをつけて上手に体の隅々まで洗う。水は生暖かいから、無駄に燃料を使って風呂に入る必要はない。若い娘さんが井戸端で水浴していると、兵隊達が何とか見てやろうと傍にきても平気だ。上手にロンジーを上げ下げして洗い終わり、兵隊達は失望するだけだった。(荒木進『ビルマ敗戦記』岩波書店、1982年、P.125)
 ———-

 「ところで・・・・・・、ちょっと・・・・・・、あんた日本人を見たかい」
 「病院に入院したとき、見た。おまえに何度も話してやったろうが」
 「ううん・・・・・・、あんたが見たのは将校さんだろ。日本の兵隊をあんたはまだ見ていないよ」
 「ふん、どこがちがうんだ」
 「あんたったら、何も知らないのね。日本の兵隊は丸裸、褌ひとつで・・・・・・」
  ・・・・・・
 「あたし、覗き見なんかするもんか、ちぇっ・・・・・・、くっ・・・・・・、胸糞悪い。あたしが見ちまったのは、今日、・・・・・・、素っ裸でさ・・・・・・、あたし、恥ずかしかったよ、あんた。あの人たちの国ではああやってても平気なんだろうかって思ったよ」(マァゥン・ティン著/河東田静雄訳『農民ガバ』〈財法〉大同生命国際文化基金、1992年、P.88)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ランキング

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  4.  軍事クーデター後のミャンマーで撮影されたドキュメンタリー映画『夜明けへの道』が、4月27日より全国…
  5. (c) 米屋こうじ バングラデシュの首都ダッカ郊外の街で迷い込んだ市場の風景。明るいライトで照…

ピックアップ記事

  1.  インドで初となる高速鉄道の建設が急ピッチで進み出した。農民を中心とした地主の抵抗により遅れていた用…
  2. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  3.  南太平洋島嶼国のソロモン諸島で4月17日、総選挙が行われ、国会議員50人と、9つの州および首都区域…
ページ上部へ戻る