「あなたの魂、大丈夫? 〜レイッピャー ロウン イェーラー?」
ユーモアとともに痛烈な批判を伝えるミャンマー人の言葉のセンス

  • 2021/4/23

【編集部注:】

クーデターに反対する市民の抗議運動が続くミャンマー。デモ行動だけでなく、歌やアートなど、さまざまな表現で人々は抵抗の意思を示しています。ここでは、そうした表現の一つ、「レイッピャー ロウン イェーラー?」という標語に込められた意味について、現地の社会情勢に詳しい方が解説するFacebook投稿をご紹介します。

~ 以下、Facebook投稿より ~

「武器を持たない市民を攻撃する戦闘に加わるあんたらレイッピャー ロウン イェーラー?」 (c)The Irrawaddy Burmese Edition

 抗議する市民の間で広く使用されているデモの標語の一つに「レイッピャー ロウン イェーラー」というものがある。ある種の破壊力を持った文句なのだが、一言で日本語にするのが難しい。
レイッピャーは「蝶」を意味するミャンマー語だ。そしてこの言葉には、「魂」という意味がある。
 「ロウン」は安全だとか完全に守られている状態を表す。(ロウンジョウン(チョウン)イェーは「安全」「治安」)。ちなみに国連安保理をミャンマー語訳には、この「ロウン」という単語が使われている。「治安部隊」の略称は、「ロウンテイン」だ。
 直訳すると、「あなたの魂は守られている状態ですか?」という問いかけになる。
 では、どのような呼びかけの中で使われるのだろうか。
 例えば、CDM参加者がCDMに参加していない人たちに対して、「出勤することを選んだあなた、レイッピャー ロウン イェーラー?」と言った具合で使われる。
 何から「守られているか」と問うているのかというと、魂の潔白と真逆に位置付けられる不正義や悪からだ。そういうものに対してあなたの魂は潔白ですか?と問いかけているのだ。
 直訳するとソフトに聞こえるこの質問、実は、「そんなことしてて恥ずかしくないの?」とか「恥を知りなさい」というくらい手厳しい皮肉が込められていて、これを聞かれるとミャンマー語を話すミャンマーの人なら皆ドキッとする。私でさえ、ドキッとする。いわゆる「言葉の経済効率」という意味ではとても良い表現なのだ。
 痛烈な批判をリズミカルにユーモアを交えつつもしっかりと伝えるミャンマー人の言葉のセンスが、非暴力の闘いで冴え渡っている。

黄色で囲まれたカードに、「おまえら、非武装の市民と戦うなんて恥ずかしくないのか?」というレイッピャーの文言が書かれている。「おまえら、あんたたち」という表現から、市民の怒りが伝わってくるという(筆者提供)

写真の引用元URL:https://www.facebook.com/theirrawaddyburmese/photos/a.14222516248

関連記事

ランキング

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…

ピックアップ記事

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…
ページ上部へ戻る