花輪が問う民主化(ミャンマー)

  • 2020/10/13

(c) 北角裕樹

2019年9月、主催した集会が違法だとされ有罪判決を受けたカレン民族の活動家、オウンラさんらは、支援者から花輪や花束で歓迎を受けた。2016年にアウンサンスーチー国家顧問が実質的に率いる国民民主連盟(NLD)政権が誕生してからも、市民運動への圧力は続いている。

関連記事

ランキング

  1.  タイ西部、ミャンマーとの国境の町、メソト。その住宅街の一角に、人権団体「ミャンマー政治囚支援協会」…
  2.  ビールと並び世界で最も古い酒類の一つで、世界中の人々に愛され続けてきたワイン。世界で初めてのワイン…
  3.  タイ西部、ミャンマーとの国境の町、メソト(Mae Sot)。タイ国内でありながら、ミャンマーからの…

ピックアップ記事

  1.  タイ西部、ミャンマーとの国境の町、メソト。その住宅街の一角に、人権団体「ミャンマー政治囚支援協会」…
  2.  ビールと並び世界で最も古い酒類の一つで、世界中の人々に愛され続けてきたワイン。世界で初めてのワイン…
  3.  タイ西部、ミャンマーとの国境の町、メソト(Mae Sot)。タイ国内でありながら、ミャンマーからの…
ページ上部へ戻る