「クラクションで、抗議の意思を表そう」

  • 2021/3/23

【編集部注】

デモ隊への弾圧が強まるヤンゴンで、人々はデモに代えてさまざま形で抗議の意思を表そうとしています。ここでは、クラクションに込められた思いを伝えるacebook投稿を紹介します。

~ 以下、Facebook投稿より ~

 2月22日に呼びかけられた大規模デモから1ヶ月。インセイン通りはデモ隊の作ったバリケードが強制的に撤去され、自動車が通るようになりました。それだけを見ると普段通りになったのかと錯覚を起こしますが、通り沿いの多くの店は扉を閉じたままです。人通りも少なく、この状況ではやっていけないと、店を閉める人、引っ越す人が増えています。
 今では多くの人が集まるデモは危険が伴うことからできませんが、色々なアイデアを出しながら、抗議のメッセージを叫び続けています。
 今日は予め「一斉にクラクションを鳴らして抗議の意思を表そう」と呼びかけられていました。クラクションを鳴らす行為も、国軍・警察の取り締まりの対象です。最初はみんな恐る恐る鳴らしているようでしたが、段々と音に同調するように増えていきました。交差点では、信号が赤の時は狙われるので、青になった瞬間、三本指を立て、思いっきりクラクションを鳴らしながら突っ走っていく光景が見られました。

 

引用元リンク:https://fb.watch/4r7Q2nGM6b/

関連記事

ランキング

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…

ピックアップ記事

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…
ページ上部へ戻る