Newsletter vol.1(2019年8月配信)より

  • 2022/4/26

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛     ドットワールド Newsletter vol.1 
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         https://dotworld.press

 こんにちは。
 「ドットワールド Neweletter」へご登録いただき、心からお礼申し上げます。
 「ドットワールド」は、記事、写真、動画を通じ、現地から見た「世界の姿」を伝えるニュースサイトです。
これから2週に1度の頻度で「ドットワールド」の新着記事をご案内いたします。
 * ただし、開設(2019年7月24日)~8月4日については、vol.1(「社会を読み解く」編)と、vol.2 (「世界写真館」&「現地の論調」)を2通続けてお届けします。

◇「社会を読み解く」の新着記事(2019年7月24日~8月4日)はこちらです:

■□■…………………………………………………………………………………
極真の精神で世界に平和を(ヤンゴン編集プロダクション 北角裕樹氏)
■□■…………………………………………………………………………………
 民族の歴史に振り回されながら育ったミャンマー・カチン民族のヤクさんが、世界の平和を願いながら空手道場で指導を続ける姿を描いた記事です。
 https://dotworld.press/myanmar_kachin_karate/3/

■□■…………………………………………………………………………………
「巨人の星」を現地化するために(講談社 海外事業戦略部 担当部長 古賀義章氏)
■□■…………………………………………………………………………………
 日本のスポ根アニメの先駆的な作品と言える「巨人の星」をインドに輸出した際に、実際に交わされた議論やエピソードと、そこから垣間見えるインドの価値観について、著者自身の経験を基に紹介しています。
 https://dotworld.press/india_suraji1/

■□■…………………………………………………………………………………
中国企業の二面性表す病院の歴史 (早稲田大学理工学術院教授 北野尚宏氏)
■□■…………………………………………………………………………………
 レポーターとしてアラブ世界や紛争地帯を取材した経験を持ち、現在は独立してプロデューサー兼監督として報道番組の制作に携わっている中国人女性記者が番組に込める思いと海外に進出する中国企業について描いた記事です
 https://dotworld.press/china_journalist/

■□■…………………………………………………………………………………
 タイ洞窟救出から1年、無国籍問題はいま (シャンティ国際ボランティア会(SVA) アジア地域ディレクター 八木沢克昌氏)
■□■…………………………………………………………………………………
 世界中の大きな関心を集めたタイ北部チェンライの洞窟救出劇から、7月10日で1年が経ちました。
 少年ら13人のうち4人が国籍を持っていなかったことから、タイ内外で無国籍問題に対する関心が急速に高まることになったと言われるこの事件の背景を、現地在住者ならではの視点で分かりやすく考察します。
 https://dotworld.press/thailand_statelessness/

■□■…………………………………………………………………………………
国道1号線をゆく (ベトナム在住ジャーナリスト 迫田陽子氏)
■□■…………………………………………………………………………………
 ベトナム・ホーチミンとカンボジア・プノンペンをつなぐ国道1号線。
 人や物を運ぶ重要な経済動脈であるこの幹線道路をバスで走った著者が、車窓から見た沿線の様子や、22年前に同じルートを通った際の思い出を交えながら綴るロードトリップ風の記事です。
 https://dotworld.press/vietnam_nr1/
 
■□■…………………………………………………………………………………
デジタル・バングラデシュ (データソフトジャパン チーフマーケティングオフィサー 馬場裕子氏)
■□■…………………………………………………………………………………
 バングラデシュ政府が近年、推進している「デジタル・バングラデシュ」政策の背景と中身について、バングラデシュのIT企業に参画する著者が解説しています。
 https://dotworld.press/degital_bangladesh1/

■□■…………………………………………………………………………………
ケニアの住宅基金政策に怒りの声 (グラスルーツウォーカーズ社 創設者兼CEO 長谷川将士氏)
■□■…………………………………………………………………………………
 ケニア政府は今年4月、雇用者および被雇用者の所得から強制的に1.5%を徴収して住宅基金の資金にあてるという通達を出しました。
 国内の強い反発を無視して何度も強行突破を図る政府と、国民の間で広がる不信感について分析した記事です
 https://dotworld.press/kenya_housing_policy/

■□■…………………………………………………………………………………
日系マイクロファイナンス機関がラカインに進出 (国際開発センター 研究員 玉懸光枝)
■□■…………………………………………………………………………………
 ロヒンギャ問題で世界的に注目を集めるミャンマー・ラカイン州に今年4月、日系マイクロファイナンス機関MJIが進出しました。
 難しいエリアで新支店長として奮闘する青年と、地元の人々の暮らしぶりについて紹介しています。
 https://dotworld.press/myanmar_microfinance/

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・
【ドットワールド Newletter】
このメールは、メールマガジンをご登録いただいた方にお送りしています。
以下のアドレス宛に、ご意見、ご感想をお寄せいただければ幸いです。
また、配信停止をご希望される方も、メールアドレスと配信停止の旨をご記載の上、こちらまでご連絡ください 。
 newsletter@dotworld.press
*情報反映のタイミングにより、配信解除のお手続き後もメールが配信される場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

関連記事

ランキング

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  4.  2023年10月にパレスチナの軍事組織ハマスがイスラエルに大規模攻撃を仕掛けて以来、イスラエル軍に…
  5.  軍事クーデター後のミャンマーで撮影されたドキュメンタリー映画『夜明けへの道』が、4月27日より全国…

ピックアップ記事

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2.  かつて恵比寿の東京写真美術館で、毎年開催されていた「世界報道写真展」。その2024年の受賞作品が4…
  3.  パレスチナ自治区を拠点とするイスラム組織ハマスが2023年10月にイスラエルを攻撃し、1200人以…
ページ上部へ戻る