Newsletter vol.41(2021年11月配信)より

  • 2022/4/26

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛     ドットワールド Newsletter vol.41  
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         https://dotworld.press

こんにちは。
「ドットワールド Newsletter」へご登録いただき、心からお礼申し上げます。
「ドットワールド」は、記事、写真、動画を通じ、現地から見た「世界の姿」を伝えるニュースサイトです。

◆「社会を読み解く」の新着記事(2021年10月23日~2021年11月14日)

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………
人権問題の噴出で中国の一帯一路が破綻目前(ジャーナリスト 福島香織氏執筆)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………
 中国からヨーロッパにいたる広域経済圏構想「一帯一路」について、国際社会から「中国式植民地主義ではないか」との批判が高まっていますが、近年はそれに加え中国人労働者の人権問題も深刻化しています。
 中国情勢に詳しい筆者は「客観的に見れば一帯一路はすでに失敗していることを認めざるを得ない局面に来ているのかもしれない」と指摘し、日本のスタンスを問いかけています。
 ⇒ https://dotworld.press/china_one_belt_one_road_initiative_and_human_rights/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………
技術革新がもたらしたデジタル植民地主義(在米ジャーナリスト 岩田太郎氏執筆)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………
 途上国の開発におけるデータの活用をめぐり、論争が起きています。
 議論の発端となったのは、今年3月に世界銀行が発表した1冊の報告書でした。
 途上国側はなぜ、この報告書に反発しているのでしょうか。
 先進国と途上国の間の埋めがたい技術力や貧富の差、そして価値観の相違について、米国在住の筆者が分析しました。
 ⇒ https://dotworld.press/us_digital_colonialism/
  
□■□………………………………………………………………………………………………………………………………
アフガン撤退で問われる欧州の安全保障政策(在独エディター 駒林歩美氏執筆)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………
 8月15日のカブール陥落を受けて関係者の救出に追われた各国で、安全保障の在り方を見直すべきだという声が高まっています。
 NATOの枠組みを通じてアメリカの軍事力に依存してきた欧州で、アフガン撤退の「大失敗」を踏まえてEU独自の防衛力強化の必要性が認識されつつある現状と、山積する課題について、ドイツ在住のドイツ在住の筆者が伝えました。
 ⇒ https://dotworld.press/afghanistan_eu_regional_security/
 

◆「世界写真館」の新着写真(2021年10月23日~2021年11月14日)

□■□……………………………………………………………………………………………………………
【Pray for Myanmar】Family(写真家 亀山仁氏撮影)
■□■……………………………………………………………………………………………………………
「フライトが3時間以上遅れホテルに着いた頃は陽が傾いていた。
 疲れて出かける気もしなかったが、ホテルの友人に勧められボートで近くを一巡りしたときに出会った家族。
 ミャンマーへ通うきっかけになった一枚。」
 ⇒ https://dotworld.press/photogallery_myanmar_family/
 
□■□……………………………………………………………………………………………………………
和平とゲリラ兵士(コロンビア)(フォトジャーナリスト 柴田大輔氏撮影)
■□■……………………………………………………………………………………………………………
「2017年、半世紀の戦いの末、政府と和平合意した反政府ゲリラFARCを訪ねた。
 武装解除を控え、市民社会に戻ろうとするゲリラ兵士カップルは、様々な不安を抱きながらも「もう殺し合わなくていい」と話した。」
 ⇒ https://dotworld.press/photogallery_colombia_peace_and_partisan/

◆「報道を読む」の新着記事(2021年10月23日~2021年11月14日)

□■□…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
マレーシアのマラッカ州議会選挙と新型コロナ(マレーシア The Star紙 2021年10月24日付社説)
■□■…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 マレーシア・マラッカ州における議会議員選挙の投開票日が11月20日に決まりました。
 昨年、サバ州の議会議員選挙で苦い経験をしていることを踏まえ、地元英字紙が感染拡大防止策の徹底を訴えています。
 ⇒ https://dotworld.press/malaysia_holding_elections_during_a_pandemic/

□■□……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
コロナ禍と豪雨被害に苦しむネパールの農家(ネパール Kathmandu Post紙 2021年10月25日付社説)
■□■……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 インドやネパールで、モンスーンがもたらす大雨による洪水や土砂崩れの被害が相次いでいます。
 地元英字紙はコロナ禍とあいまって窮状に瀕している農家の様子を伝えています。
 ⇒ https://dotworld.press/nepal_covid19_protect_paddy_farmers/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
スリランカで懸念される若者の海外流出(スリランカ Daily News紙 2021年10月22日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 新型コロナの影響で長引く経済不況を受け、スリランカでは国を出て海外就労を目指す若者が増えているそうです。
 地元英字紙のデイリーニューズは、社説で、欧米諸国が奨学金を提供して高学歴の若者を招へいしていることで人材の流出がとまらない現状に危機感を表しました。
 ⇒ https://dotworld.press/sri_lanka_cause_concern/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
パキスタンで広がる反政府運動と混乱 (パキスタンDawn紙 2021年10月24日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 インフレが進み、失業者が増加の一途をたどるパキスタンで、野党連合などによる反政府デモが広がっています。
 地元英字紙ドーンは政府に対し、失墜した信頼の回復に全力で取り組むべきだと社説で苦言を呈しました。
 ⇒ https://dotworld.press/pakistan_anti_government_rallies/

□■□…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
インドの社説がアフガンへの人道援助を訴え(インド Times of India紙 2021年10月25日付社説)
■□■…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 アフガニスタンでタリバンが首都カブールを制圧して2カ月半が経過し、混乱が続く現地の暮らしは困窮しています。
 インドの英字紙は社説で、「アフガニスタン国民の危機的な状況が続けば、近隣国の治安も悪化する」と指摘。
 人道支援を訴えました。
 ⇒ https://dotworld.press/india_aiding_afghanistan/

□■□……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
コロナ禍のバングラデシュで児童婚が急増(バングラデシュ the Daily Star紙 2021年10月11日付社説)
■□■……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 「国際ガールズデイ」の10月11日、バングラデシュの英字紙デイリースターが児童婚について採り上げました。
 世界でも児童婚が多いとされている同国ですが、コロナ禍により状況はさらに深刻になっていると社説は危機感を募らせています。
 ⇒ https://dotworld.press/bangladesh_more-efforts_needed_stop_child_marriage/

□■□……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
スリランカの社説がワクチンへの理解を呼びかけ(スリランカ Daily Star紙 2021年10月8日付社説)
■□■……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 9月のピーク時に新型コロナの1日あたりの新規感染者数が1万人を超えた後、現在は1日あたり1000人前後まで減少しているスリランカ。
 地元英字紙は社説で、若者たちの一部がSNSを鵜呑みにしてワクチン接種を拒否していることに懸念を示しました。
 ⇒ https://dotworld.press/sri_lanka_let_not_all_efforts_be_vain/

□■□……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
ネパールの社説が高齢化社会について問題提起(ネパール Kathmandu Post紙 2021年9月30日付社説)
■□■……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
各国で進む高齢化が、ネパールでも深刻になりつつあります。
 国連が定めた「国際高齢者デー」を迎えるにあたり、ネパールの英字紙カトマンドゥポストは危機感をにじませつつ高齢化対策を訴える社説を掲載しました。
 ⇒ https://dotworld.press/nepal_who_will_take_care_of_the_elderly/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
タイの社説が「貧しさの正体」について考察(タイ Bangkok Post紙 10月17日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 国連開発計画(UNDP)が発表した「多次元貧困指数(MPI)」によれば、タイは東南アジア諸国10カ国の中で最低の順位となったそうです。
 東南アジアの中で先進国と言われているタイが、多次元的に見れば「最も貧しい」結果になったことを受け、地元英字紙が真の豊かさについて考察する社説を掲載しました。
 ⇒ https://dotworld.press/thailand_measuring_poverty/

□■□…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
ワクチン接種が進むシンガポールで感染者増(シンガポール Straits Times紙 9月30日付社説)
■□■…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 シンガポールでは人口の8割以上が新型コロナのワクチン接種を終えたにもかかわらず、新規感染者が増加し続けています。
 9月30日付の英字紙ストレーツタイムズは、社説でこの問題を採り上げました。
 ⇒ https://dotworld.press/singapore_staying_realistic_in_dealing_with_covid_19/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
「高齢者への手当支給は現状維持を」(タイ Bangkok Post紙 9月29日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 少子高齢化が進む中、高齢者手当の支給対象の縮小が検討されているタイ。
 地元英字紙が現状維持を訴えています。
 ⇒ https://dotworld.press/thailand_keep_elderly_payment_as_is/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
「米国はアフガン政策の失敗を責任転嫁するな」(パキスタン Dawn紙 9月25日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 9月27日、米上院にアフガニスタンを支配したタリバンやタリバンを支援した人々への制裁を求める法案が提出されました。
 アフガニスタンの親米ガニ政権を崩壊させた反政府組織を支援したものとしてパキスタン政府も含まれていることについて、パキスタンの英字紙が強く反発しています。
 ⇒ https://dotworld.press/pakistan_seeking_sanctions/

□■□…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
コロナ禍から回復しつつあるネパールの観光業(ネパール Kathmandu Post紙 9月26日付社説)
■□■…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 新型コロナの感染拡大によって深刻な打撃を受けた観光業。
 ネパールの英字紙カトマンドゥポストは、ワクチン接種の普及により移動制限が緩和されつつある中、今後の観光業界の戦略について考察する社説を掲載しました。
 ⇒ https://dotworld.press/nepal_covid19_reviving_tourism/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
バングラデシュの水害から校舎を守れ(バングラデシュ Daily Star紙 9月25日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 毎年のように水害が起き、多くの学校が倒壊しているバングラデシュ。
 9月25日付の地元英字紙デイリースターは、この問題を社説で採り上げました。
 ⇒ https://dotworld.press/bangladesh_save-our_schools_the_rivers/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
マレーシアで進む若者層へのワクチン接種(マレーシア New Straits Times紙 9月26日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 これまでに累計223万人が新型コロナに感染し、2万6000人以上が死亡したマレーシアで、12歳から17歳までの若者へのワクチン接種が進んでいます。
 9月26日付の地元英字紙ニューストレーツタイムズは、社説でこの問題を採り上げました。
 ⇒ https://dotworld.press/malaysia_covid19_vaccine_to_youth/

◆「現地のリアル」の新着記事(2021年10月23日~2021年11月14日)

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
ミャンマー「現在地から目的地までの道のり」(2021年11月10日付Facebook投稿より)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 ミャンマーでクーデターが起きて9カ月あまり。
 軍に通じている密告者の暗殺や、警察による取り締まりの強化、賄賂や嫌がらせの横行など、情勢は依然として不透明で、人々はさまざまな場面で理不尽を強いられています。
 それでも思いが揺らぐことなく胸を張る現地の人々の姿を伝えるFacebook投稿を紹介しました。
 ⇒ https://dotworld.press/myanmar_pdf_present_place_and_destination/

╋■┛ 新着記事はSNSで随時ご紹介しています。フォローお願いします ╋■┛

Facebook :@dotworld.press
Twitter   :@dotworld_press
Instagram :@dotworld.press

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・
【ドットワールド Newsletter】
 このメールは、メールマガジンをご登録いただいた方にお送りしています。
 以下のアドレス宛に、ご意見、ご感想をお寄せいただければ幸いです。
 また、配信停止をご希望される方も、メールアドレスと配信停止の旨をご記載の上、こちらまでご連絡ください 。
 newsletter@dotworld.press

*情報反映のタイミングにより、配信解除のお手続き後もメールが配信される場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

関連記事

ランキング

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  4.  軍事クーデター後のミャンマーで撮影されたドキュメンタリー映画『夜明けへの道』が、4月27日より全国…
  5. (c) 米屋こうじ バングラデシュの首都ダッカ郊外の街で迷い込んだ市場の風景。明るいライトで照…

ピックアップ記事

  1.  インドで初となる高速鉄道の建設が急ピッチで進み出した。農民を中心とした地主の抵抗により遅れていた用…
  2. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  3.  南太平洋島嶼国のソロモン諸島で4月17日、総選挙が行われ、国会議員50人と、9つの州および首都区域…
ページ上部へ戻る