Newsletter vol.15(2020年5月配信)より

  • 2022/4/26

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛     ドットワールド Newsletter vol.15  
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         https://dotworld.press

「ドットワールド Newsletter」へご登録いただいた皆様
 お世話になっております。
 2019年7月に始動したニュースサイト「ドットワールド」は、これからも記事や写真、動画を通じ、現地から見た「世界の姿」を伝えてまいります。

◆「世界写真館」の新着写真(2020年5月1日~2020年5月15日):

□■□……………………………………………………………………………………………………………
収穫に励む首長美人(タイ)(写真家 堀むあん氏)
■□■……………………………………………………………………………………………………………
 「山の急斜面にある畑で収穫する首長族の娘。
  首に幾重にも巻かれた金色のリングを付けるという独特の風習を持つ山岳少数民族で、首が長く見えるほど美人だという。
  近年、観光客相手にお金を稼いだり、子どもたちが学校に通ったりと生活が変わってきているが、自給自足の生活が基本。世界に広がる新型コロナウイルスのまん延も、山岳民族にはあまり影響しないかも?」
 ⇒ https://dotworld.press/thailand_maehongson_longneckkaren/

◆「現地の論調」の新着記事(2019年5月1日~2020年5月15日):

□■□……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
新型コロナウイルス 見えざるヒーローたちに微笑みを(マレーシア・The Star紙 2020年4月19日付社説)
■□■……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 新型コロナウイルスの感染拡大とたたかう医療従事者に敬意を示す動きが世界中で広がっています。
 そんな中、マレーシアの英字紙「ザ・スター」は、食事デリバリーの配達員やスーパーの販売員らも「英雄」として扱うべきだと呼び掛けています。
 ⇒  https://dotworld.press/malaysia_non_medical_frontliners_are_heroes_too/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
新型コロナウイルスによって浮き彫りにされたインドネシア政府への不信感 (インドネシア・Jakarta Post紙 2020年4月28日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 新型コロナウイルスの感染者数が東南アジアで最多となったインドネシアでは、厳しい措置を講じているものの感染拡大に歯止めがかかっていません。
 インドネシアの英字紙ジャカルタ・ポストは、政府が一枚岩となって国民に明快なメッセージを出すべきだと指摘しています。
 ⇒ https://dotworld.press/indonesia_we_can_see_the_light/

□■□……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
新型コロナウイルス禍のメーデー (シンガポール・The Straits Times紙 2020年5月4日付社説)
■□■……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 東南アジアで最大の感染者数となったシンガポール。
 メーデーについて書かれた5月4日付社説では、政府と雇用主と労働者の協調が新型コロナウイルスに打ち勝つために必要だと主張しています。
 ⇒  https://dotworld.press/singapore_getting_through_by_collaborating/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
「新しい政治文化が誕生した」 (ミャンマー・ The Voice紙 2020年5月4日付 社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 ミャンマーでは、3月下旬に初めての感染者が見つかって以来、ビザの発給停止、国際線の着陸禁止、夜間外出禁止令など、矢継ぎ早に対策が打ち出されているほか、アウンサンスーチー国家顧問兼外相による政府の会議をオンライン中継や手洗い動画の公開、市民や企業経営者の寄付など、特筆すべき動きも続いています。
 ミャンマー語の日刊紙ザ・ボイスは、こうした政府と国民の協力関係を5月4日付の社説で取り上げ、評価しています。
 ⇒ https://dotworld.press/myanmar_social_capital/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
分断された世界に寄せて (パキスタン・Dawn紙 2020年5月11日付 社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 パキスタンでは5月10日現在、新型コロナウイルスの感染者が3万人以上に上り、死者は600人を超えています。
 地元英字紙ドーンは「パンデミックは一致団結のチャンス」と呼びかけています。
 ⇒ https://dotworld.press/pakistan_a_divided_world/

□■□……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
フィリピンの感染拡大は抑制されているのか (フィリピン・Philippine Daily Inquirer 2020年5月12日付 社説)
■□■……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 フィリピンは、3月15日から実施されている防疫強化措置(ロックダウン)をマニラ首都圏とセブ島で5月末まで延長する一方、必要と判断される経済活動は認めることを明らかにしました。
 この判断について、地元英字紙「インクワイアラー」は、保健省の「見解の甘さ」を指摘しています。 
 ⇒ https://dotworld.press/philippines_are_we_there_yet/

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・
【ドットワールド Newsletter】
 このメールは、メールマガジンをご登録いただいた方にお送りしています。
 以下のアドレス宛に、ご意見、ご感想をお寄せいただければ幸いです。
 また、配信停止をご希望される方も、メールアドレスと配信停止の旨をご記載の上、こちらまでご連絡ください 。
 ⇒ newsletter@dotworld.press

*情報反映のタイミングにより、配信解除のお手続き後もメールが配信される場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

関連記事

ランキング

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2.  かつて恵比寿の東京写真美術館で、毎年開催されていた「世界報道写真展」。その2024年の受賞作品が4…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  4. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  5.  2023年10月にパレスチナの軍事組織ハマスがイスラエルに大規模攻撃を仕掛けて以来、イスラエル軍に…

ピックアップ記事

  1.  かつて恵比寿の東京写真美術館で、毎年開催されていた「世界報道写真展」。その拠点となるオランダ・アム…
  2.  台湾の頼清徳政権が正式にスタートして一カ月あまり。非党派・非営利団体・財団法人・シンク…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
ページ上部へ戻る