Newsletter vol.19(2020年7月配信)より

  • 2022/4/26

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛     ドットワールド Newsletter  vol.19 
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         https://dotworld.press

「ドットワールド Newsletter」へご登録いただいた皆様
 お世話になっております。
 2019年7月に始動したニュースサイト「ドットワールド」は、これからも記事や写真、動画を通じ、現地から見た「世界の姿」を伝えてまいります。

◆「社会を読み解く」の新着記事(2020年7月1日~2020年7月25日)

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………
ラテンアメリカの「今」を届ける 第1回(フォトジャーナリスト 柴田大輔氏執筆)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………
 かつて「麻薬戦争」の最前線となり、「世界で最も危険な街」と呼ばれたコロンビア第二の都市メデジンが、先端技術を駆使して新型コロナウィルス感染抑止に成功しています。
 生まれ変わった大都市のコロナ禍への取り組みと、そこに至る歴史を、現地に詳しい筆者が追います。
 ⇒https://dotworld.press/colombia_latin_america01/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………
「南米の優等生」チリのつまずき(UNICEFチリ事務所副代表 青木佐代子氏執筆)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………
 2019年秋にチリで発生した大規模デモは、非常事態宣言の発令や軍の出動、国際会議の中止などの事態を招き、観光や企業活動に大きな影響がありました。
 1990年に民政移管が実現して30年。
 「南米の優等生」と呼ばれるほど中南米諸国の中でも突出した成長を続け、2010年には高所得国としてOECDへの加盟も果たした同国で何が起きたのでしょう。新型コロナウイルス感染の影響は。現地在住の筆者がレポートします。
 ⇒https://dotworld.press/chile_protest_demonstration_covid/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………
ミシンが変えた彼女の運命(フォトグラファー 桜木奈央子氏執筆)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………
 子どもや若者が人口の半分を占める一方、経済的な理由で初等教育を受けられない若年層や、離婚により厳しい暮らしを余儀なくされる女性も多いウガンダ。
 そんな中でも希望を捨てることなく、自分の人生を、そして周りをも変えてきた一人の女性がいます。
 いくつもの苦境に直面しながら静かに強く生きる一人の女性の姿を現地に長く通う筆者が描きます。
 ⇒https://dotworld.press/uganda_sewing_machine_changed_destiny/2/

◆「世界写真館」の新着写真(2020年7月1日~2020年7月25日)

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………
海岸線で戯れる色彩(バングラデシュ)(写真家 新畑克也氏撮影)
■□■…………………………………………………………………………………………………………………………
「バングラデシュ南東部にあるコックスバザールはこの国で最も有名なビーチリゾート。黄金の夕日に染まる海辺で色鮮やかな民族衣装をまとった女性たちが少しぎこちなさそうに戯れている光景が微笑ましく、美しかった。」
 ⇒ https://dotworld.press/bangladesh_photo_sari/

◆「現地の論調」の新着記事(2020年7月1日~2020年7月25日)

□■□……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
サイクロン・アンファンがバングラデシュに上陸(バングラデシュ・Daily Star紙 2020年7月23日付社説)
■□■……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 バングラデシュの海岸地域が今年5月、スーパーサイクロン「アンファン」に見舞われて2カ月余りが経ちましたが、今なお多くの人が避難所暮らしを余儀なくされており、生活再建の目途が立っていません。
 地元英字紙デイリースターは7月20日付の社説でこの問題をとりあげ、例年のようにサイクロンで大きな被害を出しているにも関わらず実効策を打てていない政府の対応を批判しています。
 ⇒ https://dotworld.press/bangladesh_cyclone/

□■□……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
外国人留学生の締め出しでゆらぐアメリカン・ドリーム(ネパール・Kathmandu Post紙 2020年7月8日付社説)
■□■……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 新型コロナ対策で教育のオンライン化が進む中、トランプ米大統領は従来の対面型講義を受けていない外国人留学生の米国内滞在を認めない方針を発表し、非難の声があがっています。
 これについてネパールの英字紙カトマンドゥポストは、外交チャンネルを通じてネパール人留学生の保護を米国に求めるようネパール政府に訴えています。
 ⇒ https://dotworld.press/nepal_american_dream/

□■□……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
米国のWHO脱退で失速するコロナとの闘い(シンガポール・The Straits Times紙  2020年7月11日付社説)
■□■……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 米トランプ大統領が、国連の世界保健機関(WHO)からの脱退を表明しました。
 シンガポールの英字紙ストレーツタイムズは、社説で米国はWHOに残るべきだと主張したうえで、WHOの自主的な改革を強く求めています。
 ⇒ https://dotworld.press/singapore_abandoning_who_hurts_virus_fight/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
髪型規制に揺れるタイの公立学校(タイ・Bangkok Post紙  2020年7月6日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 新型コロナウイルス対策の休校から授業を再開したタイの学校で、生徒の髪型を厳しく指導したことについて生徒から反発の声があがっています。
 これについてタイの英字紙バンコクポストは、生徒の自主性を重んじない学校の体質が教育改革を妨げていると厳しく批判しました。
 ⇒ https://dotworld.press/thailand_hairstyles_a_rights_issue/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
パキスタン女性の政治参加は実現するか(パキスタン・Dawn紙 2020年7月6日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 国民のほとんどがイスラム教徒とされるパキスタンでは、女性の社会進出が課題とされています。
 地元英字紙ドーンの社説は、女性の政治参加の重要性と、息の長い取り組みの必要性を強調しています。
 ⇒ https://dotworld.press/pakistan_women_and_the_vote/

□■□…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
インドネシアでプラスチック袋の利用を禁止(インドネシアJakarta Post紙 2020年7月2日付社説)
■□■…………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 日本では7月1日からプラスチック袋が有料となりましたが、日本に先駆け有料化に踏み切っていたインドネシアの首都ジャカルタでは、同じ7月1日からプラスチック袋の利用自体が禁止されました。
 地元英字紙ジャカルタ・ポストはこの問題をとりあげ、「店舗の規模によらず、今後、取り入れるべきニューノーマルだ」と指摘しています。
 ⇒ https://dotworld.press/indonesia_life_without_plastics/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
バッタの大群がネパールに襲来(ネパール・Kathmandu Post紙 2020年6月30日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 世界各地で農作物などに被害をもたらしているバッタの大群が、ネパールにも襲来しました。
 地元英字紙カトマンズ・ポストは、6月30日付の社説でこの問題をとりあげ、後手に回った政府の対応を非難しています。
 ⇒ https://dotworld.press/nepal_the_pests_have_arrived/

□■□…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
バングラデシュのジュート工場の労働者を救え(バングラデシュ・The Daily Star紙 2020年6月30日付 社説)
■□■…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、バングラデシュにある22カ所の公営ジュート工場が閉鎖され、2万5,000人の労働者が解雇されました。
 6月30日付のバングラデシュの英字紙デイリースターは、「公営企業の長きにわたる怠慢な経営が原因」と厳しく批判しています。
 ⇒ https://dotworld.press/bangladesh_save_jute_mill_workers/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
ミャンマーの英字紙がコロナ対策で勝利宣言(ミャンマー・Global New Light of Myanmar紙  2020年6月29日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 医療体制が未整備な途上国での感染爆発が懸念された新型コロナウイルスですが、東南アジア諸国を見る限り、市中感染はシンガポールなど域内先進国で起きています。
 とはいえ、経済がグローバル化した今日、経済不況が今後、ミャンマーやカンボジア、ベトナムなどの新興国にも一様に襲いかかることは避けられません。
 ミャンマーの地元英字紙は6月29日付社説でこの問題を取り上げました。
 ⇒https://dotworld.press/myanmar_effective_economic_relief_plan/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
ASEANの指導者たちよ、今こそ行動を(タイ・Bangkok Post紙 2020年6月26日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 6月26日、新型コロナウイルスの影響で2カ月近く延期されていたASEAN首脳会議がオンラインで開かれました。
 タイの英字紙バンコクポストは6月26日付の社説でこの話題をとりあげ、「コロナ危機の今こそ、ASEAN諸国は今一度、共同体として団結し、人間の安全保障枠組みを構築すべきだ」と述べ、内向きになりがちな各国の首脳陣に連帯を呼び掛けています。
 ⇒ https://dotworld.press/thailand_asean_must_walk_the_walk/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
新型コロナ 逆風に立ち向かうシンガポール(シンガポール・The Straits Times紙 2020年6月27日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 シンガポールの英字紙ストレーツ・タイムズは、いまだ感染が拡大している新型コロナウイルスについて、経済への影響もさることながら、世界各地でポピュリズムやナショナリズム、保護主義が台頭する中、アフターコロナのシナリオが不透明で危険だとの懸念を指摘しています。
 ⇒ https://dotworld.press/need_for_leaders_in_time_of_global_crisis/

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・
【ドットワールド Newsletter】
 このメールは、メールマガジンをご登録いただいた方にお送りしています。
 以下のアドレス宛に、ご意見、ご感想をお寄せいただければ幸いです。
 また、配信停止をご希望される方も、メールアドレスと配信停止の旨をご記載の上、こちらまでご連絡ください 。
 newsletter@dotworld.press

*情報反映のタイミングにより、配信解除のお手続き後もメールが配信される場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

関連記事

ランキング

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  4.  2023年10月にパレスチナの軍事組織ハマスがイスラエルに大規模攻撃を仕掛けて以来、イスラエル軍に…
  5.  軍事クーデター後のミャンマーで撮影されたドキュメンタリー映画『夜明けへの道』が、4月27日より全国…

ピックアップ記事

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2.  かつて恵比寿の東京写真美術館で、毎年開催されていた「世界報道写真展」。その2024年の受賞作品が4…
  3.  パレスチナ自治区を拠点とするイスラム組織ハマスが2023年10月にイスラエルを攻撃し、1200人以…
ページ上部へ戻る