Newsletter vol.30(2021年3月配信)より

  • 2022/4/26

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛     ドットワールド Newsletter vol.30  
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         https://dotworld.press

「ドットワールド Newsletter」へご登録いただいた皆様

 お世話になっております。
 前号から間が空いてしまいましたが、1月11日~31日の間に掲載した記事を以下の通りご案内します。
2月の掲載分も続けてお届けいたします。
 「ドットワールド」は、これからも記事や写真、動画を通じ、現地から見た「世界の姿」を伝えてまいりますので、どうぞ宜しくお願いします。

◆「社会を読み解く」の新着記事(2021年1月11日~2021年1月31日)

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………
「グレート・リセット」と中国の野望(ジャーナリスト 福島香織氏執筆)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………
 7年越で交渉が続いていた中国と欧州連合(EU)の包括的投資協定が2020年末、大筋で合意しました。
 日本やASEAN諸国などとの間で締結した「東アジア地域包括的経済連携」(RCEP)や、アフリカ連合との間で結んだ「一帯一路協力計画」に続き、中国経済圏の拡大に向けた布石となります。
 中国情勢に詳しい筆者は、日本はアジア国家の中で中華秩序に組み入れられた経験がないほぼ唯一の国として、目指すべき理想の経済秩序や価値観を発信すべきだと主張します。
 ⇒ https://dotworld.press/china_the_great_reset/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………
鉄壁の感染対策脅かすベトナムの密入国問題(ベトナム在住ジャーナリスト 迫田陽子氏執筆)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………
 2020年12月末、それまで1カ月近くにわたり市中感染ゼロが続いていたベトナムで、新型コロナウイルスの陽性者が確認されました。
 ミャンマーで不法就労していたものの、コロナ禍の影響で仕事を失い、国境付近を転々としたうえで祖国ベトナムに不法に「帰国」した男性が発端でした。
 現地在住の筆者が、陸続きの国境管理と感染対策の難しさを指摘しています。
 ⇒ https://dotworld.press/vietnam_covid19_-illegal_entry/

◆「世界写真館」の新着写真(2021年1月11日~2021年1月31日)

□■□……………………………………………………………………………………………………………
ミサの朝(メキシコ)(フォトジャーナリスト 柴田大輔氏撮影)
■□■……………………………………………………………………………………………………………
「メキシコ南西部に暮らす先住民族ツェルタルの女性たちが、日曜のミサに行くため綺麗に着飾っていた。髪に編み込むカラフルな布やアクセサリー、鮮やかな刺繍の模様に、それぞれのこだわりが見える。」」
 ⇒ https://dotworld.press/photogallery_philippines_railroad_umbrella/

□■□……………………………………………………………………………………………………………
カラフルな傘が線路をゆく(フィリピン)(トラベルライター 白川淳氏撮影)
■□■……………………………………………………………………………………………………………
「轟音を立てて通り過ぎた列車の後を追うように、小さなトロッコが次々と現れました。首都圏の深刻な交通渋滞を避け、線路を拝借して走る手製台車の“トロリー”です。国鉄も黙認の人力乗合トロッコに揺られ、庶民は日々逞しく暮らしています。(フィリピン・マニラ 2017年11月)」
 ⇒ https://dotworld.press/photogallery_philippines_railroad_umbrella/

◆「現地の論調」の新着記事(2021年1月11日~2021年1月31日)

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
ネパール経済を支える移民労働者に支援を(ネパール Kathmandu Post紙 2021年1月20日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 新型コロナの感染拡大で、世界各地の移民労働者が職を失い、苦境に陥っています。
 海外で働く移民労働者からの仕送りがGDPの3分の1を占めるネパールの英字紙は、彼らがコロナ禍によって厳しい入国制限を課されネパールに帰国できずにいる状況を指摘し、適切な支援を求めています。
 ⇒ https://dotworld.press/nepal_covid19_relief_for_the_returnees/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
農業はパキスタン経済の「生命線」(パキスタン Dawn紙2021年1月18日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 人口の4割が農業セクターに従事しているパキスタン。
 地元英字紙ドーンは1月18日付社説で、「農業が国家経済の生命線」であるにも関わらず、近代化やイノベーションへの取り組みが後回しにされている」と指摘し、小規模農家の支援拡充を求めています。
 ⇒ https://dotworld.press/pakistan_agriculture_woes/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
スリランカの社説がワクチンの接種を議論(スリランカ Daily News紙2021年1月15日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 昨年10月以降、新型コロナの感染者が急増しているスリランカ。
 地元英字紙デイリーニューズは、優先的に接種を受けるべき人を考える際、医療関係者や治安関係者に加え、「生活を支えてくれている人たちを忘れてはいけない」と訴えています。
 ⇒ https://dotworld.press/sri_lanka_covid19_think_them_too/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
コロナが浮き彫りにしたタイの移民労働者問題(タイ Bangkok Post紙 2021年1月9日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 新型コロナ感染者が急増しているタイ。
 政府は移民労働者たちの動きを把握するために、違法滞在者も2年の滞在を認める方針を打ち出しました。
 地元英字紙バンコク・ポストは社説でこの決定を評価しています。
 ⇒ https://dotworld.press/thailand_make_it_easier_for_migrants/

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
新型コロナ再拡大のタイで再び都市封鎖か(タイ Bangkok Post紙 2020年12月30日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 新型コロナウイルスの感染が落ち着いたと思われていたタイで、再び感染者が増加しています。
 地元英字紙バンコク・ポストは社説で、国民生活に影響の大きい都市封鎖の効果には疑問を呈したうえで、完成発生地を細かく把握したうえできめ細かい対策をとるよう求めています。
 ⇒ https://dotworld.press/thailand_covid19_lockdown_or_not/

□■□……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
コロナ禍のミャンマー、感染者数が減少傾向も入国規制続く(ミャンマー Global New Light of Myanmar紙 2020年12月31日付社説)
■□■……………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………
 新型コロナウイルス対策で行われているミャンマーの国際旅客便の着陸禁止措置が延長されることが、12月末に決まりました。
 解禁への期待が高まっていましたが、コロナの変異種が見つかったことも延長の理由の一つです。
 ミャンマー国営英字紙のグローバル・ニューライトオブミャンマーの社説は「政府が国民の健康を最優先とすることを示す」と強調する一方で、国民一人一人の意識の大切さも訴えています。
 ⇒ https://dotworld.press/myanmar_keeping_public_safe_is_top_priority/

╋■┛ SNSも応援よろしくお願いします ╋■┛

Facebook  :@dotworld.press
Twitter   :@dotworld_press
Instagram :@dotworld.press

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・
【ドットワールド Newsletter】
 このメールは、メールマガジンをご登録いただいた方にお送りしています。
 以下のアドレス宛に、ご意見、ご感想をお寄せいただければ幸いです。
 また、配信停止をご希望される方も、メールアドレスと配信停止の旨をご記載の上、こちらまでご連絡ください 。
 newsletter@dotworld.press

*情報反映のタイミングにより、配信解除のお手続き後もメールが配信される場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

関連記事

ランキング

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  4. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  5.  軍事クーデター後のミャンマーで撮影されたドキュメンタリー映画『夜明けへの道』が、4月27日より全国…

ピックアップ記事

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2.  インドで初となる高速鉄道の建設が急ピッチで進み出した。農民を中心とした地主の抵抗により遅れていた用…
  3.  南太平洋島嶼国のソロモン諸島で4月17日、総選挙が行われ、国会議員50人と、9つの州および首都区域…
ページ上部へ戻る