【Pray for Myanmar】「落ちた英雄」悼むともしび

  • 2021/3/14

(c) リンニャントゥン

ミャンマーでは2月1日にクーデター以降、100人近くが国軍側の銃撃などによって命を落としている。ヤンゴンのインセイン郡区で3月13日に行われた抗議集会では、住民らがろうそくを手に犠牲者を追悼した。夜間外出禁止令の中、夜間に路上を占拠し、「民主主義をこの手に」などと叫んだ。

*ヤンゴン在住のミャンマー人ジャーナリスト。1998年ヤンゴン生まれ。「ヤンゴン編集プロダクション」所属。ミャンマーの社会問題などを取材し、報道写真家としても活動する。

関連記事

ランキング

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…

ピックアップ記事

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…
ページ上部へ戻る