「怖がらないで」
2021年3月20日(土)15:40 レーダン住宅街

  • 2021/3/23

【編集部注】

厳しい弾圧が続く中、軍に協力する密告者も増えているミャンマー。ここでは、疑心暗鬼や不安を払拭しようと呼び掛ける人々の姿を伝えるFacebook投稿を紹介します。
 
~ 以下、Facbook投稿より ~
 
 
 
 国軍・警察による暴力が止まらない中、住宅街には、彼らに情報提供をする「ダラン」と呼ばれる人がいて、疑心暗鬼の空気が広がっています。
  CDM(市民不服従運動)をした人、鍋を叩いた人、目立って国軍を批判している人などがダランによって通報され、国軍・警察に拘束されています。
 抗議を表すステッカーやNLDの旗を掲げるだけでも狙われる対象になり、国軍・警察に窓ガラスを割られるといった事件が発生しています。
 そんな中、「怖がらないで」と声を挙げ、少人数ながらもデモを行うグループがいました。
 一箇所に落ち着くのは危険が伴うので、こうして住宅街を歩きながら声を挙げています。
 
 
引用元URL:https://fb.watch/4p5LPVCLCo/

関連記事

ランキング

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…

ピックアップ記事

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…
ページ上部へ戻る