「生みの苦しみ」
新しいミャンマーの創造

  • 2021/9/11

【編集部注:】

ミャンマーでクーデターに対抗して組織された国民統一政府(NUG)は9月7日、国軍に対して「国民の自衛のための戦争」を始めたと発表しました。かねてから噂されていた「D-day」当日のヤンゴン市民の様子をリアルに伝えるFacebook投稿を紹介します。

~ 以下、Facebook投稿より ~

市民の手による、PDFへの支援物資の詰め合わせ。   おしぼり、タバコ、おやつ、痛み止め、コーヒーパウダー、インスタントラーメン、生理用品…。考えうる限りの「あったらいいかな」を詰め合わせた、市民の精一杯の応援だ。ちなみに、1000チャット札は、クーデター前に印刷が始まったばかりだったアウンサン将軍の新札。流通量が少ないので、手元に来るとラッキーな気持ちになる。PDFもきっと喜ぶよね。(c) Thwe Hnaung Nyo / Facebook)

9月7日、朝8時半。
「ついにD-dayがアナウンスされたぞ」 
同僚からのそんな電話で、寝ぼけていた頭が一気に覚めた。
電話を切り、そわそわとベランダに出て、外を眺める。
いつもの花売りのおばちゃん。野菜を手に市場から帰ってくる、ご近所さん。
のんびりと晴れた朝。
・・・D-day?今日が? 
いまいちピンとこないまま部屋に引き返すと、友人からのメッセージがスマホに届いていた。
「ついにがこの日がきた!がんばるぞ〜」
医療者の友人からも「さっそく外科セットを買ってくる」と元気なメッセージ。
なんとなく予想はついていたけど、少なくとも私のまわりでは
内戦化を嘆く悲観的な様子は見られなかった。
戦闘開始前夜とは思えないこの妙にカラッとした雰囲気は
これが唯一の自由への活路だとわかっているからだろう。
この日に向けて、今まで十分に時間をかけて、覚悟を固めてきたのだ。
ある友達はこう言った。
「3月は、平和なデモ隊が軍に虐殺されて、絶望的な気持ちだった。
 でもその絶望は怒りに変わり、エネルギーに変わった。
 命がけで軍を倒す。こんなことはもう終わりにしなきゃいけない」
また、別の友達はこんな風に話してくれた。
「僕たちは1962年に軍政が始まってから、何度も何度も立ち上がってきた。
 そして、いつも軍に打ち負かされてきた。軍は銃を持っているからね。
 奴らは武力を持っている限り、絶対に譲歩しない。
 僕らは、今立ち上がらなければ、同じ歴史を繰り返すんだよ。
 戦うのは怖くない。僕らはこの日を待っていたんだ」
一方で「何が起きるかわからなくて不安」という同僚もいた。
その彼女も、少し考えてから、こう言った。
「でも少数民族の人たちは70年間、何度もこんな思いをしてきたんだよね。
 私たちビルマ族は、知ろうともしなかったけど。
 だから今、私たちは犠牲を払ってでも、軍の支配を終わらせないといけない。
 これはミャンマーがずっと抱えてきた問題だったの」
これは、2月1日のクーデターへのリベンジではない。
ようやく巡ってきた、国軍への決別のときなのだ。
===
一昨日、昨日と、SNSから流れてくる情報では
町のどこかで、誰かが発砲したり、爆発が起きたりしているようだった。
深夜には100人を超える若者たちが兵士に拘束されたと聞く。
でも日中は、人々は引きこもる様子もなく、
バスもタクシーも走っているし、露店もいつも通りに営業中だ。
D-dayだと知らなければ、なんてことない穏やかな日常。
どこかで戦闘が起きている傍で、こんな日常が続いていくのだろうか。
それともこれは、数日間だけ与えられた猶予期間なのだろうか。
わからない。
「ヤンゴンで今すぐ大規模な戦闘が始まることはないと思うけど
 兵士はアホだし何するかわからないから、一応気をつけなよ」
そんな友人からの忠告に、現実味を持てないまま頷く。
=== 
その日会った友達は、開口一番「やったー、始まるよ」と笑った。
そして「戦争を喜ぶなんて悲しいよね」と、また笑った。
彼女によると、NUG(民主派政府)から戦闘開始の宣言が出されたあと
市民たちは早速それぞれ準備にとりかかっているという。
自分の食料の準備だけではない。
PDF(民主派の戦闘員)を支える準備や、いざとなったら自分も戦う心の準備。
「武器を持っていない女の子も、家の近くに兵士が来たら
 窓から石を投げて応援するって言ってたよ。
 料理に毒を入れて、兵士に渡すことだってできるし
 PDFの子たちにはお弁当を差し入れたり、家に匿ったりしてあげられる。
 どんなやり方でも戦えるよ。それぞれにできることがあるから。
 みんなで戦うっていうのは、そういうことなんだと思う」
それを裏付けるように、SNSには
お金やビタミン剤、包帯、タバコなどを詰め込んだジップロックの写真がUpされた。
「もしPDFがきたら渡せるように」と、市民たちが小さな支援物資を準備し始めたのだ。
PDFにとってみれば、国のどこに行っても、
同じ気持ちを持った支援者たちが、寝床や食料を提供してくれるのだ。
これほど心強いことはないだろう。
ミャンマーの人たちはみんなすごいね…、と私がつぶやくと、
彼女は表情を変えずに、サラリとこう言った。
「うん。これで民主主義を取り戻せなかったら、未来はないからね」
===
民主主義を取り戻したら、どんな未来がくるんだろう。
カレン族の友達はこう言った。
「クーデター前のNLD政権では、いつも軍がスーチーさんを見張ってた。
 あれは本当の民主主義じゃなかったんだ。
 僕らのゴールは、軍事クーデターが二度と起こらない国をつくること。
 憲法も政治も教育も、国軍なしでつくり直すんだ」
ヤンゴンに住む友達は、さらに具体的なビジョンを話してくれた。
「この数年で、ヤンゴンはすごく発展したでしょ。
 でも、地方の少数民族地域ではずっと軍との争いが続いていて
 全然発展していない辺境地域がいっぱいあるの。
 私たちは今、そういう地域に対して自分たちが無知で無関心だったことを反省してる。
 だから民主化したら、若者たちがどんどん国境方面に出ていくと思うよ。
 それで、地方の発展のために働くと思う。
 ミャンマーは変わる。豊かになるよ」
スーチーさんがいなくても大丈夫?と聞くと、
うん、もう大丈夫だよ、と彼女は答えた。
「次のリーダーは、少数民族の人がいいと思う。
 発展から取り残された地域が本当に豊かになるためには、きっとそれがいい」
===
2月1日からミャンマーの人々は、リーダー不在のまま闘い続けてきた。
そして毎日、町角やオンライン上で交わされる膨大な情報の中で、
共感したり議論したりして、思考を形成してきた。
問題の根はどこにあるのか。自分たちはどんな国を作るのか。
誰か一人の意見に従うのではなく、集団として緩やかに合意形成し、
民族などの枠を超えて、同じ方向を向き始めたように見える。
そして今、人々が視線の先に捉えているのは、
スーチーさん解放でも、軍政打倒でもなく、新しいミャンマーの創造。
武力を用いた戦闘は、それだけを取り出せば、ただの悲劇だ。
だけどミャンマーの人たちが描く民主化後のビジョンを聞いていると
もしかしたらこれは、生みの苦しみなのかもしれない、と思う。

戦闘開始宣言の日、Mytelという軍系列のキャリアの電波塔が爆破された。この後、タワーは見事に倒れる。  https://www.facebook.com/khitthitnews/posts/1291659017938108   似たようなことは国内各地で起きている。 その映像がSNSにUpされるので、どこからか足がついて捕まりはしないかと、勝手にヒヤヒヤしてしまう。 (c) Khit Thit Media

どこかの地域で訓練を受けるPDFたちの姿。少し前まで、普通の大学生だった若者たち。エリートサラリーマンやモデルなどもいる。クーデターさえなければ、と、もはや言い飽きた言葉をまたつぶやく。(c) Myanmar now

停戦を呼びかけたASEANへのメッセージ。「独裁者側でなく、民主主義の側に立ってくれ!」。 同僚はASEANによる停戦勧告のニュースを聞いて「ははっ、軍が従うわけないよ」と笑い飛ばした。「ブルネイ(議長国)は豊かな国だ。教育や医療が無料で、政府は国民の意見を聞くらしい。きっとミャンマーの人々の置かれた状況はわからないんだろう」 (c) The Irrawaddy

ますます命がけになるデモ@マンダレー。思ったことを口にすること、嫌なことを嫌だと言うこと、ただそれだけのことが、どれほど切なる願いなのかを思い知る。(c) The Irrawaddy

関連記事

ランキング

  1.  8月15日のカブール陥落以来、混乱の続くアフガニスタン。アフガニスタンに派兵していた国々を中心に、…
  2.  舗装されていない道路にスロープのない階段、昇降リフトのないバス―-。外の世界に踏み出した車椅子利用…
  3.  2021年7月26日、クーデター下で組織されたミャンマーの選挙管理委員会が、昨年11月に行われ、ア…

ピックアップ記事

  1.  8月15日のカブール陥落以来、混乱の続くアフガニスタン。アフガニスタンに派兵していた国々を中心に、…
  2.  舗装されていない道路にスロープのない階段、昇降リフトのないバス―-。外の世界に踏み出した車椅子利用…
  3.  2021年7月26日、クーデター下で組織されたミャンマーの選挙管理委員会が、昨年11月に行われ、ア…
ページ上部へ戻る