「ニャダベイッ(夜の抗議)」
2021年3月13日(土)19:00 レーダン通り

  • 2021/3/23

【編集部注】

弾圧の余りの厳しさから、市民たちは夜間外出令の中、亡くなった仲間のためにろうそくを灯して追悼したり、抗議の声を挙げたりするようになりました。ここでは、その様子を伝える動画をご紹介します。

 ~ 以下、Facebook投稿より ~

 デモをする場所が限られてきている中、3月12日(金)から特に「ニャダベイッ(夜の抗議)」が各地に呼びかけられています。
 2月、レーダン通りでは連日、大規模なデモが行われていましたが、最近は危険を伴うようになったため、あまり行われていませんでした。そこで「レーダンを取り返せ」と、多くの人が通りに出てきて、シュプレヒコール、歌。そして、犠牲となってしまった英雄への黙祷が捧げられていました。
 デモ隊の前に設置されたスクリーンには、アウンサンスーチー国家最高顧問の言葉が映し出され、また、1988年、民主化要求運動のリーダー、ミンコーナイン氏の声明もありました。
 集会が行われている間も、安心はできません。男性のグループが手を取り合い、いつやってくるか分からない国軍・警察から市民を守る体制を整えていました。
 国軍・警察に跡形なく取り除かれていた、レーダン通りで亡くなった2人の若者の最期の場所には、再び蝋燭や花が置かれていました。
 別の場所では、蝋燭を立て、抗議のメッセージを並べているグループも。亡くなった英雄に黙祷を捧げていました。
 また、夜中、国軍・警察がやってきて剥がすであろうたくさんのメッセージの紙を、壁に貼っている人もいました。ミャンマー語で書かれた数々のメッセージは、国軍・警察に読んでもらうためのものなのだそうです。
 
引用元URL:https://fb.watch/4oDbZ87b1G/
 
 

関連記事

ランキング

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  3.  2023年10月にパレスチナの軍事組織ハマスがイスラエルに大規模攻撃を仕掛けて以来、イスラエル軍に…
  4.  軍事クーデター後のミャンマーで撮影されたドキュメンタリー映画『夜明けへの道』が、4月27日より全国…
  5. (c) 米屋こうじ バングラデシュの首都ダッカ郊外の街で迷い込んだ市場の風景。明るいライトで照…

ピックアップ記事

  1.  パレスチナ自治区を拠点とするイスラム組織ハマスが2023年10月にイスラエルを攻撃し、1200人以…
  2.  監督も俳優も、泣きながら撮影したに違いない作品である。内戦が続くミャンマー・カレンニー(カヤー)州…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
ページ上部へ戻る