「南ダゴンの惨劇」
「CRPHが唯一の希望だ」

  • 2021/3/31

【編集部注:】

3月30日未明、ヤンゴンの南ダゴン地区が軍に襲われ、惨劇が起きました。ここでは、その夜の生々しい様子と、それでも希望を捨てず行動し続ける人々の姿を綴ったFacebook投稿をご紹介します。

~ 以下、Facebook投稿より ~

燃やされた南ダゴン地区。10年前の被災地を思い出す。でもこれは、人がやったのだ。(c) Myat Noe Aye / Twitter

3月30日に日付がかわった頃。
そろそろ寝ようかと歯磨きをしていると、カンカンカンカン…と外で鍋を叩く音がした。
心臓がキュッと縮む。心拍数が上がる。
何?だれ?不審者?
電気を消して窓に近づき、おそるおそる音のする方向を見るけれど、誰もいない。
何かが起きている気配もない。静かな夜の路地だ。不安で、心がざわざわする。
15分くらいして音が止んだ。
さらに5分くらい待って、もう音が鳴らないのを確認して、布団に入った。
___
翌朝スタッフが説明してくれた。
「昨日の夜、南ダゴン地区でひどいことが起きたんだ。
 銃声がすごくて、家も燃えて。あと、人も燃えた…。
 他の地区の人たちは南ダゴンを助けるために
 騒ぎを起こして、注意を分散させようとしたんだよ」
「うちの近くでも、鍋を叩いたり、花火を打ち上げたりしてた。
 でも、警察がきてバンバン威嚇射撃されて
 どの家で鍋を叩いているのか、探し始めたんだ。こわかった」
Facebookを見てみると、
確かにその時間に「save southdagon(南ダゴンを助けて)」というハッシュタグがつけられた投稿が山のように上がっていた。
黒い炭になった、ご遺体の写真も…。
南ダゴンで何人もの人が殺害され、人々が命がけで鍋を叩いているその間、
私は現場からそれほど遠くない自宅で、何も気づかずに友達と電話していた。
「本当に軍やばいよね」とか言って。
何が「やばいよね」だよ。と自分に毒づきたくなる。
私はローカルアパートとはいえ、セキュリティがいる安全地帯に住む外国人だ。
焼き殺される心配も、突然家に押し入られて銃殺される心配もない。
どんなに心を寄せても、きっと私は全然わかっていないんだろう。
___
カレン州では、国軍が3日連続で「空爆」している。
これまでも国軍は、抗議活動していない人でも見境なく殺してきたけれど
空爆となればさらに無差別。
そして空爆は、村全体を壊滅させることができる。
質素な竹の家は、一度火がつけばひとたまりもない。
この空爆で3000人ともいわれる難民が発生、タイに向かった。
家を焼かれた人たちは、もう帰る場所もないのだ。
本当に、なんてことをするんだろう。
ヤンゴンの空にも、昨日はブォォォーッとジェット機の音が何度も何度も聞こえていた。
その度になんとなく不安で、空を見上げる。
まさかこの平穏な人生で「空爆されるのかな」とリアルに心配する日が来るとは思わなかった。
もちろん、ヤンゴン空爆はまず絶対にありえない。
でも、この1カ月間、予想をはるかにこえた国軍の残忍さを見てきたせいで
「万が一」が起きる可能性をそこそこ現実的に考えてしまう。
___
南ダゴンの様子に心を痛めていた同僚は「CRPHが唯一の希望だ」と言った。
CRPHというのは、民主政権の議員たちが軍政に対抗してつくった臨時政府で
国軍をテロリストと認定し、少数民族を味方につけ、国際社会に支援を訴えている。
(もちろん軍は、CRPHを違法組織として、リーダーたちを指名手配している)
そのCRPHが、4月1日に新しく議会を発足させるという。
この日は、クーデターがなければ、スーチーさんが新政権を発足させる日だったのだ。
市民たちは、2カ月ぶりに民主主義政権が返り咲くことを信じ、楽しみにしている。
_____
3月27日の国軍記念日に、市民の遺体を積み上げてすべてを終わらせ、統治を開始しようとした国軍。
その残忍な国軍相手に、CRPHも市民も、一歩も退かない。
不服従運動(CDM)を続け、CRPHへの支援を表明し、
そういう自分たちの行動をエネルギーにして、希望を生み出し続ける。
負けるな、負けるな、と祈るような気持ちで、ただそばにいる。

ジャングルに避難するカレン族の家族。軍は今までもこれからも、いったいどれだけの人に、こんな思いを強いるのだろう。(c) taiwannews

 

カレン難民の写真:https://www.taiwannews.com.tw/en/news/4163163

 

関連記事

ランキング

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…

ピックアップ記事

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…
ページ上部へ戻る