「2021年4月16日(金)ダジャンモー、国家統一政府樹立を歓迎」

  • 2021/4/17

【編集部注:】

ミャンマーの民主派の連邦議会代表委員会(CRPH)は、同国の暦で大晦日にあたる4月16日、「国家統一政府」の樹立を宣言し、閣僚名簿を発表しました。例年とは打って変わって静まり返ったまま水祭りの日を終え、夜の闇に包まれたヤンゴンの街で「国民統一政府」を歓迎する拍手が沸き起こった様子を伝えるFacebook投稿をご紹介しました。

 

~ 以下、Facebook投稿より ~

 今日はダジャン(水祭り)の最終日。再び「サイレントストライキ」が呼びかけられ、街はとても静かでした。
 4月初め、ベンガル湾の低気圧の関係でヤンゴンに雨を降らし、それに反応してバダウッの花が一部咲いてしまいましたが、これはいつもより随分早いものでした。その時に降った雨を人々は 「ミャンマー人の涙」とも表現しましたが、昨日午後2時頃、空が曇り始め、小さな雷が鳴り、ついには雨が降ってきました。先日のような強い雨ではなく、静かに街を濡らしました。これがいわゆるダジャンモー(ダジャンの雨)と言えるでしょう。とても暑い夏にこの雨が降り、バダウッの花が咲きます。その後、1カ月ちょっと再び暑い日が続き、5月末ぐらいに雨季が始まります。先日、まだ蕾だった残りのバダウッが花開くかもしれません。
 雨が降り始めた少し後にCRPH(連邦議会代表委員会)より国家統一政府の樹立が発表されました。新しいミャンマーの幕開けです。もちろんこれで問題が解決したわけではありませんが、人々は喜び、夜19:30、街は一斉に拍手をしました。
 明日17日は元日。名実ともに新しい年が始まります。

 

引用元リンク:https://fb.watch/4WrpmqQJuf/

関連記事

ランキング

  1.  ミャンマーでクーデターが発生して10月1日で8カ月。現地では、抗議する市民への厳しい弾圧が今なお続…
  2.  8月15日のカブール陥落以来、混乱の続くアフガニスタン。アフガニスタンに派兵していた国々を中心に、…
  3.  タリバンによるカブール陥落のニュースは、世界を震撼させた。国外脱出を求めて空港に押し寄せたアフガニ…

ピックアップ記事

  1.  ミャンマーでクーデターが発生して10月1日で8カ月。現地では、抗議する市民への厳しい弾圧が今なお続…
  2.  8月15日のカブール陥落以来、混乱の続くアフガニスタン。アフガニスタンに派兵していた国々を中心に、…
  3.  タリバンによるカブール陥落のニュースは、世界を震撼させた。国外脱出を求めて空港に押し寄せたアフガニ…
ページ上部へ戻る