「それでも春は来る」
「ビルマの春革命」

  • 2021/4/7

【編集部注:】

新しい民主主義国家を建設するための「ビルマの春革命」が続く中、今年もパダウの花が咲きました。一斉に咲き、数日で散ってしまう儚い花を、ミャンマーの人々は髪に飾ったり、乗り物に飾ったりして、束の間楽しみます。ここでは、黄色い花にこの国の真の「春」の到来をを願うFacebook投稿をご紹介します。

 

~ 以下、Facebook投稿より ~

 昨日、ミャンマーの象徴でもあるパダウの黄色い花が咲いた。この時期に通り雨のようにサーッと降る雨の後、花を開くのだ。今年は異例なことにここ3日ほど雨が続き、この間に開花した。
 市場では店先に花を飾り、サイカー(三輪タクシー)も、ハンドルに一房挿す。日本の桜に例えられる通り、一斉に咲き数日で散ってしまう儚い花だ。
 いつしか、クーデターに反対するデモは「ビルマの春革命」と呼ばれるようになった。ただ反対しているだけではない、2度と悲劇を起こす事がない新しい民主主義国家を建設する革命なのだと。
 すでにたくさんの若者が、この運動の最中に散っている。命懸けで抗議する若者たち、どうか生き残って、新しい春を毎年作っていってほしい。

(動画はパダウの木と花・解説付、パダウを指したサイカーで街を走る)

引用元URL:https://www.facebook.com/yuki.kitazumi.92/posts/4202485469833311

 

関連記事

ランキング

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…

ピックアップ記事

  1. 東京オリンピックに香港から参加しているバドミントン男子の伍家朗選手が、香港徽章をつけず、自分の姓名と…
  2.  インセイン刑務所の中では、数百人はいようかという政治犯が、サッカーをしたり、木陰で休んだりしていた…
  3. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…
ページ上部へ戻る