Newsletter vol.7(2019年10月配信)より

  • 2022/4/26

■╋■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
╋■┛     ドットワールド Newsletter  vol.7 
■┛━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         https://dotworld.press

 こんにちは。
 ドットワールド Newsletterへご登録いただき、心からお礼申し上げます。
「ドットワールド」は、記事、写真、動画を通じ、現地から見た「世界の姿」を伝えるニュースサイトです。
 今回の新着記事は以下の通りです:

◆「社会を読み解く」の新着記事(2019年10月1日~10月16日)はこちら:

□■□………………………………………………………………………………………………………………………………
中国の一帯一路と対ラオス鉄道支援 (シャンティ国際ボランティア会アジア地域ディレクター 八木沢克昌氏執筆)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………
 中国の一帯一路政策の下、ラオスで高速鉄道の建設が進んでいます。
 最貧国脱出を願うラオスにとって、悲願の事業ですが、中国への依存が一層高まったり、借金が膨れ上がったり、環境破壊が進んだりすることなどへの懸念も深刻です。
 隣国タイでは、中国と共同で進めていた鉄道工事がこのほど中断しました。
 ラオスの今後の行方について、筆者がメコン川を渡る国際列車に乗りながら考えました。 
 https://dotworld.press/laos_chinese_railway_assistance/

□■□…………………………………………………………………………………………………………………………………………
デジタル・バングラデシュ(第2話) (データソフトジャパン株式会社チーフマーケティングオフィサー 馬場裕子氏執筆)
■□■…………………………………………………………………………………………………………………………………………
 雨季には洪水やサイクロン、竜巻などに見舞われ、森林破壊や土壌劣化の被害が深刻なデルタの大国、バングラデシュでは、水をいかに制するかが喫緊の課題です。
 そんなバングラデシュは、ハシナ・アワミ連盟政権が中所得国入りを目指して掲げる『ビジョン2021』 の下、全国のIT化を目指す 「デジタル・バングラデシュ」政策を進めています。
 河川の状況や排水プラントをモニタリングするチャレンジファンドの立ち上げなど、IT技術を活用した治水の現状について、現地に詳しい筆者が解説しています。ぜひ、ご一読ください。
  https://dotworld.press/bangladesh_water/
  

◆「世界写真館」の新着写真(2019年10月1日~10月16日)はこちら:

□■□…………………………………………………………………………………
テンション上がる祭り(ミャンマー) (写真家 兵頭千夏氏)
■□■…………………………………………………………………………………
「毎年8月、タウンビョンで行われる精霊信仰の祭祀に現世利益を求める人たちが大挙する。そこでは伝統楽器が演奏され、高揚した参拝者が身体を揺らし踊っている。つられて一緒に踊りたくなるのは世界共通!?」
  https://dotworld.press/top_news/manmar_festival/

◆「現地の論調」の新着記事(2019年10月1日~10月16日)はこちら:

□■□……………………………………………………………………………………………………………………………………
ミャンマーの観光産業、始動か(ミャンマー・Global New Light Of Myanmar紙 2019年9月27日付社説)
■□■……………………………………………………………………………………………………………………………………
 豊かな観光資源に恵まれたミャンマー。
 民政移管前は外国人が自由に旅行をすることが難しく、「謎めいた国」でしたが、近年は、観光産業の振興に力を入れています。
 この流れを歓迎している地元英字紙「グローバル・ニュー・ライトオブミャンマー」の社説は、ミャンマーがこの10年で大きく変わったことを表しています。
 https://dotworld.press/myanmar_tourism/

□■□………………………………………………………………………………………………
バンコクの大気汚染に早期対策を(タイ・Bangkok Post紙 2019年9月29日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………
 タイの首都、バンコクの大気汚染が悪化しています。
 乾季が近づき、状況がさらに悪化することを懸念し、地元の英字紙「バンコク・ポスト」は9月29日付の社説でこの問題を採り上げ、警鐘を鳴らしています。
 https://dotworld.press/thailand_air_pollution/

□■□………………………………………………………………………………………………………………
危機に直面するネパールの報道の自由 (ネパール・Kathmandu Post紙 2019年9月30日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………
 インターネットの広がりで社会や政治の在り方は大きく変わりつつあります。
 ネパールでは、元首相のプシュパ・カマル・ダハル氏が、自分自身へのソーシャルネットワーク上での批判について強く反発し、話題になっています。
 ネパールの英字紙カトマンズ・ポストは、9月30日付けの社説でこの問題を真正面から取り上げています。
 https://dotworld.press/nepal_freedom_of_press/
 
□■□………………………………………………………………………………………………………………………………………
職業訓練校がインドネシアで果たす大きな役割 (インドネシア・Jakarta Post紙 2019年10月10日付社説)
■□■………………………………………………………………………………………………………………………………………
 国家に産業を根付かせるために欠かせない技術労働者。
 しかし、インドネシア社会では技術労働者を育成する職業訓練教育に対して偏見が強く、質の向上の足かせとなっています。
 地元の英字紙ジャカルタ・ポストは、10月10日付けの社説でこの問題を取り上げ、意識改革を訴えています。
 https://dotworld.press/indonesia_vocational_education/
 

╋■┛「世界ひと模様~ドットワールド動画コンテスト」作品募集中!!!╋■┛

 現在、第1回コンテストの応募作品を募集中です。
 第1回のテーマは、「笑顔」。
 開発途上国の暮らしの中で笑顔が生まれる瞬間を描くショートムービーを募っています。
 〆切は、明日、2019年10月18日(金)です。
 「ドットワールド」のサイトで詳細をご覧の上、ぜひ奮ってご応募ください!!!
 https://dotworld.press/moviecontest-2/

◆◇◆◇━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━―…‥・・
【ドットワールド Newsletter】
このメールは、メールマガジンをご登録いただいた方にお送りしています。
以下のアドレス宛に、ご意見、ご感想をお寄せいただければ幸いです。
また、配信停止をご希望される方も、メールアドレスと配信停止の旨をご記載の上、こちらまでご連絡ください 。
 newsletter@dotworld.press
*情報反映のタイミングにより、配信解除のお手続き後もメールが配信される場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

関連記事

ランキング

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2.  かつて恵比寿の東京写真美術館で、毎年開催されていた「世界報道写真展」。その2024年の受賞作品が4…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  4. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  5.  2023年10月にパレスチナの軍事組織ハマスがイスラエルに大規模攻撃を仕掛けて以来、イスラエル軍に…

ピックアップ記事

  1.  かつて恵比寿の東京写真美術館で、毎年開催されていた「世界報道写真展」。その拠点となるオランダ・アム…
  2.  台湾の頼清徳政権が正式にスタートして一カ月あまり。非党派・非営利団体・財団法人・シンク…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
ページ上部へ戻る