【歩く・見る・撮る】― 写真民俗誌/民族誌へのいざない ―
ミャンマー(ビルマ)から ⑳ <船のある生活>

  • 2024/5/7

ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全権を掌握した」と宣言してから3年以上が経過しました。この間、クーデターの動きを予測できなかった反省から、30年にわたり撮りためてきた約17万枚の写真と向き合い、「見えていなかったもの」や外国人取材者としての役割を自問し続けたフォトジャーナリストの宇田有三さんが、記録された人々の営みや街の姿からミャンマーの社会を思考する新たな挑戦を始めました。時空間を超えて歴史をひも解く連載の第20話です。

 ⑳<船のある生活> 

 一本の川の流れが日々の実生活に支障をきたしている地域がある。ビルマ(ミャンマー)を回っていて、何度となくそう思ったことだろう。川の大きさには大小あれど、向こう岸に行くには、船に頼るしかない。橋で対岸とつながったら、どれだけ便利だろう。橋が架かり、道路が通れば、確かに便利だ。橋の存在が、豊さへの道しるべともなる。だが、しかし・・・と訪問者は思ってしまう。
 最大都市ヤンゴンから南のデルタ地帯の辺りは、多くの河川が入り組んでいる。その河川を使って移動する人びともいれば、川があってこそ成り立つ生活もある。川を往く小舟の様子の長閑かさに、自然と人間生活の豊かさを感じてしまう。だが、しかし・・・と訪問者は思ってしまう。
 そこで故中村哲氏の次のひと言は、いかようにも解釈できる。

「旅人には心地よい光景も、そこに定着する人びとの生活の中に立ち入ると、たちまち豹変する」(中村哲『アフガニスタンの診療所から』筑摩書房、1993年、P.152)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ランキング

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  4.  軍事クーデター後のミャンマーで撮影されたドキュメンタリー映画『夜明けへの道』が、4月27日より全国…
  5. (c) 米屋こうじ バングラデシュの首都ダッカ郊外の街で迷い込んだ市場の風景。明るいライトで照…

ピックアップ記事

  1.  インドで初となる高速鉄道の建設が急ピッチで進み出した。農民を中心とした地主の抵抗により遅れていた用…
  2. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  3.  南太平洋島嶼国のソロモン諸島で4月17日、総選挙が行われ、国会議員50人と、9つの州および首都区域…
ページ上部へ戻る