過去の記事一覧

    ネパールの路上生活者に適切な住環境を

     ネパールの首都カトマンズには、たくさんの「ホームレス」の人々がいる。ネパール政府はこの問題を解消しようと取り組んできたが、成果が上がっていない。ネパールの英字紙カトマンズ・ポストは、10月28日付の社説でこの問題を採り…

    ムスリムから見た「バグダディの死」

     10月27日未明、米国がシリア北西部のトルコ国境に近い村に潜伏していた「イスラム国(IS)」の最高指導者、アブバクル・バグダディを殺害したと発表された。イスラム教国家であるバングラデシュの英字紙デイリー・スターは、10…

    ケニア農業の現在地とこれから

    個人商店が一大企業へ  独立前夜の1963年、英国資本の小さな個人商店がケニアで静かに歩き始めた。以来、農家の抱える課題を解決するため、半世紀以上にわたり現場主義を貫いてきた同社の名は、アミラン(Amiran Keny…

    スリランカ大統領選におけるメディアの役割

     スリランカでは11月16日に、5年に一度の大統領選挙を迎える。現職のシリセーナ大統領の任期満了に伴うもので、ウィクラマシンハ首相率いる与党第一党の統一国民党からプレマダーサ氏、スリランカ人民党からラジャパンクサ氏など、…

    自分たちの言葉は教会で学んだ

    春休みの教会は学校になる  まだあどけなさが残る若い女性教師が、ホワイトボードに書かれたアルファベットをもとに「アウン、オン、イン」などと発音すると、続けて子どもたちが後を追う。カチン語を習う子どもたちは小学校の1年生…

    カンボジアのフン・セン政権が香港の「カラー革命」にみるもの

     2019年3月から続く香港の民主化要求運動は、これまでに最大で200万人が参加したといわれる大規模な抗議行動となっている。カンボジアの英字紙クメール・タイムズは、社説で香港の抗議行動を採り上げ、「民主化の名のもとに、一…

    「41%減」の意味は

     フィリピンへの海外直接投資が減少傾向にあるという。もっとも、ここ数年、投資額は100億ドルに届く勢いで急増しており、それが落ち着いて2016年ぐらいのレベルに戻ったという見方もある。10月21日付のフィリピンの英字紙「…

    洪水対策の抜本的な見直しを

     10月初め、台風19号が日本列島を襲い、多くの被害が出た。タイ東北部でも、8月末から続く大雨の影響で洪水が発生し、大規模な被害が出ている。10月13日付のタイの英字紙バンコクポストは、社説でこの問題を採り上げ、政府の対…

    トルコのシリア侵攻の背景は

     トルコは10月9日、シリア北東部のクルド人民兵組織「人民防衛隊(YPG)」に対する軍事行動を開始した。YPGとは、シリア内戦の過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」を掃討するために、米軍が長年、支援してきた組…

    デジタル・バングラデシュ(第2話)

    デルタの大国が直面する気候変動問題    いまから百年後に    わたしの詩の葉を 心をこめて読んでくれる人    君はだれかー [caption id="attachment_5340" align="al…

KINOKUNIYAランキング~インドネシア紀伊國屋書店(Social Science) 2019年10月

  • Adults in the Room
  • The Little Book of Feminist Saints
  • How Democracies Die (民主主義の死に方)
ランキングを見る
ページ上部へ戻る