過去の記事一覧

    新型コロナ対策 ベトナム・ホーチミン市のいま

       
     3月8日、国際婦人デー。ベトナムでは例年、カップルや夫婦だけでなく友達同士でも、女性にご馳走したり花を贈ったりと、街が華やぐ1日となる。今年は日曜日ということ…

    危機を乗り越えるために

       
     新型コロナウイルスの感染拡大阻止のため、3月26日に非常事態宣言が発動されたタイ。外国人の入国が原則禁止され、外出や移動も制限されている。タイの英字紙「バンコ…

    ミャンマーの連邦議会が2008年憲法の改正案を否決

       
     ミャンマーの連邦議会が、アウンサンスーチー国家顧問兼外相の大統領就任を阻むなどしている2008年憲法の改正案を審議し、ほぼすべてを否決した。ミャンマーの地元紙…

    病魔を払う水の力(ミャンマー)

       
    (c) レオ・Z 1年の穢れを払うため水をかけあうミャンマーの水かけ祭り。4月中旬に行われるはずだったが、今年は新型コロナウイルスのために中止…

    金曜日の家族旅(ブルガリア)

       
    (c) 白川淳 ハスコヴォからクルジャリを目指し、アルダ川に沿って走るローカル列車。乗っているのは、筆者と、一組の親子連れだけ。河畔の別荘にでも行くのだろ…

    湖上の休息(ニカラグア)

       
     (c) 柴田大輔 ニカラグア湖での漁は、夕方から始まり夜遅くまで続く。1度目の漁を終え次の漁場を目指す。静かな波が、心地よいリズムで船を揺らす。船上では…

    祈りを終えて(バングラデシュ)

       
    (c) 米屋こうじ 数百万が参加するイスラム教の大集会イステマ(Ijtema)。会場となるトンギ地区からダッカの都心へ帰る人々で列車の屋根上まで一杯になっ…

    村の小商い(ケニア)

       
    (c) 桜木奈央子 ケニアのナイバシャ近郊の村で見かけた、住居兼商店のカラフルな壁。ピンクと青は床屋さん兼写真屋さん。緑色はケニアの送金システムM-PES…

    「アフター・コロナ」へのまなざし

       
     スリランカ政府は4月、「サウバギャ(繁栄)計画」を開始した。スリランカの報道によると、これは100万世帯にトウガラシやオクラの種を配ることなどを含む農業振興策…

    物売りの少女(カンボジア)

       
    (C) 堀むあん 暑い一日も終わろうとしているカンボジアのプノンペン。夕涼みに来る人を相手に、まとわりつく幼い弟にかまってもあげられず、物売りの少女は忙し…

KINOKUNIYAランキング~タイ紀伊國屋書店(Social Science) 2020年3/4月

  • Everybody lies (誰もが嘘をついている)
  • The Divide : A Brief Guide to Global Ine
  • The Great Leveler (何が平等をもたらすのか)
ランキングを見る
ページ上部へ戻る