過去の記事一覧

    ラカイン州内戦でWHO職員死亡

       
     内戦が続くミャンマー西部ラカイン州で4月20日、新型コロナウイルスの検体を運搬中の世界保健機関(WHO)の車両が攻撃され、WHO職員の運転手(28)が死亡した…

    新型コロナウイルス カンボジアの感染拡大は抑制されたのか

       
     すでに2週間あまり国内で新型コロナウイルスの新たな感染者が確認されていないカンボジア。感染爆発は回避されてこのまま終息するのではないか、との楽観的な雰囲気が国…

    コロナ禍で打撃を受ける飲食業界に手厚い支援を

       
    新型コロナウイルスの感染拡大により、世界中で大きな打撃を受けたのが外食産業ではないだろうか。テイクアウト、デリバリーなどそれぞれに工夫をしてはいるものの、そもそ…

    【緊急レポート】感染爆発前夜のケニアのスラム

       
     世界中に感染が急速に拡大している新型コロナウィルス。ケニアでは1カ月間の3月12日、初の感染者が報告された。政府はその直後から、国際空港の閉鎖や夜間外出禁止、…

    移民労働者を一刻も早く帰国させよ

       
    新型コロナウイルスは国境を越えて感染拡大しているが、人間は簡単に国境を越えることができない。多くの国で都市封鎖や入国制限が実施される中、海外で暮らす人々が「故国…

    新型コロナに揺れ動く社会

       
     新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が世界各地で拡大するなか、感染の恐怖とたたかいながら任務を果たす医療従事者に、感謝と称賛の声が集まっている。しかし…

    新型ウイルス対策、初動の責任問われる中国とWHO

       
     新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、世界で最初に都市封鎖が行われた中国湖北省の武漢で4月8日、2カ月半ぶりに封鎖が解除された。その一方で、…

    地元英字紙がカンボジア保健省を強く批判

       
     新型コロナウイルス(COVID-19)は、カンボジアでも感染を広げている。3月24日付のクメールタイムズ紙は、カンボジアにおけるCOVID-19対策について、…

    「医療従事者に感謝し、自らの役割を果たそう」

       
    東南アジアの中でも、新型コロナウイルスの感染拡大が厳しい状況にあるマレーシア。地元の英字紙「ザ・スター」は、3月22日の社説でこの問題を取り上げた。 [c…

    食へのたゆまぬ情熱が切り開いた人生

       
     健康な食事は、生きるための活力を与えてくれる。美味しい食事であれば、食べること自体が、個の上ない楽しみに変わる。しかし、時には、美味しくない食事が生活の糧(か…

KINOKUNIYAランキング~タイ紀伊國屋書店(Social Science) 2020年3/4月

  • Everybody lies (誰もが嘘をついている)
  • The Divide : A Brief Guide to Global Ine
  • The Great Leveler (何が平等をもたらすのか)
ランキングを見る
ページ上部へ戻る