【Pray for Myanmar】戦禍を逃れて

  • 2021/8/22

 

(c) 新畑克也

ミャンマー国軍とラカイン仏教徒の武装組織アラカン軍の紛争から逃れた多くの人々が現在も劣悪な国内避難民(IDP)キャンプでの生活を強いられている。ミャウー郊外で3400人以上のラカイン族が命をつなぐSin Baw Kaing IDPキャンプに在る唯一の診療所。女性が疲れた表情で血圧を測っていた。

 

 

 

関連記事

ランキング

  1.  8月15日のカブール陥落以来、混乱の続くアフガニスタン。アフガニスタンに派兵していた国々を中心に、…
  2.  舗装されていない道路にスロープのない階段、昇降リフトのないバス―-。外の世界に踏み出した車椅子利用…
  3.  2021年7月26日、クーデター下で組織されたミャンマーの選挙管理委員会が、昨年11月に行われ、ア…

ピックアップ記事

  1.  8月15日のカブール陥落以来、混乱の続くアフガニスタン。アフガニスタンに派兵していた国々を中心に、…
  2.  舗装されていない道路にスロープのない階段、昇降リフトのないバス―-。外の世界に踏み出した車椅子利用…
  3.  2021年7月26日、クーデター下で組織されたミャンマーの選挙管理委員会が、昨年11月に行われ、ア…
ページ上部へ戻る