【Pray for Myanmar】戦禍を逃れて

  • 2021/8/22

 

(c) 新畑克也

ミャンマー国軍とラカイン仏教徒の武装組織アラカン軍の紛争から逃れた多くの人々が現在も劣悪な国内避難民(IDP)キャンプでの生活を強いられている。ミャウー郊外で3400人以上のラカイン族が命をつなぐSin Baw Kaing IDPキャンプに在る唯一の診療所。女性が疲れた表情で血圧を測っていた。

 

 

 

関連記事

ランキング

  1.  11月下旬のソロモン諸島における反政府デモと、それが引き金となり発生したチャイナタウン焼き討ち略奪…
  2.  先日、ウォールストリートジャーナルやドイチェ・ベレ(ドイツ国際放送)が、一帯一路関連事業の劣悪な環…
  3.  途上国の開発において、データはどのように用いられるべきか。世界銀行グループが今年3月に報告書『生活…

ピックアップ記事

  1.  11月下旬のソロモン諸島における反政府デモと、それが引き金となり発生したチャイナタウン焼き討ち略奪…
  2.  先日、ウォールストリートジャーナルやドイチェ・ベレ(ドイツ国際放送)が、一帯一路関連事業の劣悪な環…
  3.  途上国の開発において、データはどのように用いられるべきか。世界銀行グループが今年3月に報告書『生活…
ページ上部へ戻る