カテゴリー:タイ

    進むタイの少子高齢化と地方分権

    典型的な街で生まれた先進的な取り組み  ショッピングセンターや映画館が建ち並ぶタイの首都、バンコク。洒落たレストランでも着飾った若者たちで賑わっており、アジアらしい活気と熱気を実感することができる。  そのバンコクか…

    タイ国境の「忘れられた」ミャンマー難民の今

    南北約2,000キロにおよぶタイとミャンマーの国境に今なお難民キャンプが点在し、9万3,206人(2019年11月末時点、国連難民高等弁務官事務所:UNHCR調べ)の難民が避難生活を送っていることをご存知だろうか。彼らが…

    タイ最大のスラムの立ち退き問題

    住民が恐れる2つのこと  「微笑みの国」と称され、平和で穏やかなイメージを持つタイ。だが、そんな見方とは裏腹に、同国は2014年のクーデター以来、5年にわたって軍事政権が続き、今年7月にようやく民政に復帰した。新政権の…

    タイ洞窟救出から1年、無国籍問題はいま

    関心を呼んだ救出劇から1年  世界中から大きな注目を集めたタイ北部チェンライの洞窟からの少年ら13人の救出劇から、7月10日で1年になる。増水で2週間以上、洞窟内に閉じ込められた後に全員が生還したことが話題を呼んだのは…

ピックアップ記事

  1. 2020-3-30

    新型コロナ対策 ベトナム・ホーチミン市のいま

     3月8日、国際婦人デー。ベトナムでは例年、カップルや夫婦だけでなく友達同士でも、女性にご馳走したり…
  2. 2020-3-29

    アウンサン家とビルマ・ナショナリズム

     「国を守ろうと頑張っているスーチーさんを応援したい」「彼女のようなリーダーはいない」――。2019…
  3. 2020-3-9

    進むタイの少子高齢化と地方分権

    典型的な街で生まれた先進的な取り組み  ショッピングセンターや映画館が建ち並ぶタイの首都、バンコク…
  4. 2020-2-29

    ケニアのイマドキ女子たちの選択

     時代と共に移り変わる流行。ここケニアでも、首都ナイロビを中心に、4~5年前から癖の強い髪をまとめて…
ページ上部へ戻る