カテゴリー:タイ

    タイが付加価値税を引き上げか

       
     新型コロナウイルスの感染拡大が収束の様相をなかなか見せない中、世界各地で行動規制の緩和や経済活動が再開されている。政府の財政出動も、緊急事態への対応から、長期…

    タイの首都バンコクで広がる反政府デモ

       
     タイの首都バンコクで、学生たちを中心に反政府抗議運動が広がっている。7月半ば以降、学生主導による反政府デモが毎日のように起きており、タマサート大学などで400…

    コロナ禍中にタイ国軍が軍事演習を強行

       
     新型コロナウイルスの感染拡大に収束の兆しがまったく見えないなか、社会生活や経済活動を少しずつ再開する動きが相次いでいる。タイでは、合同軍事演習のためにアメリカ…

    ラオスのダム決壊から2年

       
     2年前の7月23日、ラオスのチャムパサック県で建設中の水力発電用ダムが決壊した。当時、少なくとも19カ村が被害を受け、多数の死者・行方不明者が出たことは記憶に…

    髪型規制に揺れるタイの公立学校

       
    タイでは7月1日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて休校していた学校が再開されたが、その途端に「長髪は校則違反だと注意され、無理やり髪を切られた」という投稿が…

    ASEANの指導者たちよ、今こそ行動を

       
    6月26日、新型コロナウイルスの影響で2カ月近く延期されていた東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議が開かれた。各国が入国規制をしていることを踏まえ、会議は…

    フィリピンの「麻薬戦争」はなぜ続くのか

       
    東南アジアは今も、麻薬の生産地として、取引地として、そして消費地として知られている。高価な麻薬から、メタアンフェタミンのように手軽に製造できて子どもにも出回るよ…

    タイ国際航空が経営破綻

       
    タイの政府系企業であるタイ国際航空が5月、破産法に基づく会社更生手続きを申請し、事実上破綻した。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、運休が相次いでい…

    新型ウイルス対策、初動の責任問われる中国とWHO

       
     新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、世界で最初に都市封鎖が行われた中国湖北省の武漢で4月8日、2カ月半ぶりに封鎖が解除された。その一方で、…

    危機を乗り越えるために

       
     新型コロナウイルスの感染拡大阻止のため、3月26日に非常事態宣言が発動されたタイ。外国人の入国が原則禁止され、外出や移動も制限されている。タイの英字紙「バンコ…

ピックアップ記事

  1. 2020-9-11

    米国Z世代クリエーターがTikTok動画で伝えるメッセージ

     若年層を中心に米国で大人気の短編動画投稿アプリ、TikTok。ユーザーは米国内で1億人、世界では8…
  2. 2020-9-3

    【ミャンマー総選挙2020】収監された映画監督はなぜスーチー氏を支持するのか

     2015年の総選挙で地滑り的勝利で政権交代を果たしたアウンサンスーチー氏率いるミャンマーの国民民主…
  3. 2020-8-24

    香港から始まる米中ブロック経済化の行方は

     2020年7月1日、香港に国家安全維持法(国安法)が導入され、一国二制度が崩壊した。1997年7月…
  4. 2020-8-20

    バイデン米大統領候補の国際協調戦略を読む

     米国の大統領選挙が11月に迫っている。野党・民主党の大統領候補に選出されたジョー・バイデン前副大統…
  5. 2020-8-13

    ラテンアメリカの「今」を届ける 第2回

     2016年に世界的なニュースとなった、左派ゲリラ・コロンビア革命軍(以下、FARC)とコロンビア政…
ページ上部へ戻る