ラテンアメリカの「今」を届ける 第2回
4年後の「コロンビア和平」と、コロナ禍で拡大する麻薬組織

  • 2020/8/13

 2016年に世界的なニュースとなった、左派ゲリラ・コロンビア革命軍(以下、FARC)とコロンビア政府の和平合意から4年が経つ。52年に及んだ両者の争いが終わり、コロンビアに平和が訪れるはずだった。だが、今も農村では麻薬を資金源とする武装組織が活動し、地域の指導者らを迫害することで、住民を支配しようとしている。犠牲者は年間200人以上。さらに今、組織はコロナ禍を利用し、支配を強化・拡大している。

農村で活動する違法武装組織(2017年、筆者撮影)

農村を支配する麻薬組織の「規則」と「罰」

 4月26日、コロンビア南西部カウカ県で、民間人3人が非合法武装組織に殺害された。そこは政府の支配が脆弱なため、武装組織が侵入し、独自の「規則」を「コロナ拡散予防」を名目に、住民に強いていた。殺害は、「規則」を破ったことへの処罰だった。同国最大の非合法武装組織である民族解放軍(ELN)も、「道路の全面封鎖」「夜間外出禁止(20時〜6時)」「イベント・集会の禁止」など、罰則をともなう8項目の禁止事項を住民に強制し、従わない者には「死刑」も課している。

 国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」によると、コロンビアで初めてコロナ感染者が確認された3月以降、全国32県のうち11県で、住民に「コロナ対策」として独自の規則を強制する複数の組織の存在と、組織による市民への暴力が確認された。

 全国紙「El Espectador」は、この背景には麻薬を資金源とする武装組織同士の、資金源を巡る領土争いがあると指摘する。組織はコロナ禍という不安定な状況を利用し、支配地域で司法、徴税など国に代わる権限を強め、地盤を固めようとしている。

 武装組織の目的は、何か。その背景と経緯を追う。

終わらない戦争と、暗殺される地域指導者たち

 2016年の「和平合意」は、特に、長年、戦争の渦中にあった農村の人々に希望を与えた。しかし、その思いは、間もなく裏切られることになる。

 最大で国土の3分の1を実効支配したとされるFARCの主な資金源は、活動地での麻薬密輸に関連していた。「和平」で武装組織としてのFARCが消滅し、広い地域が支配者不在の「空白地」となり、麻薬産業が残った。この利権を巡り、他の組織が「空白地」に侵入した。地域指導者や社会活動家が殺害された場所の多くが、旧FARC活動地域と重なる。

武装解除に応じるFARC兵士たち(筆者撮影)

 なぜ、地域指導者や社会活動家が狙われるのか?

 治安が悪化する太平洋沿岸地域で人権擁護のために活動するドラ・バルガスさんは、「武装組織にとって邪魔な住民を排除し、地域を活動しやすい状態にコントロールするのが目的」だと話す。

紛争地帯で住民のサポートをするドラ・バルガスさん(右)(筆者撮影)

 「武装組織は、資金源を確保するため、麻薬の密輸ルートや生産地を支配する必要があります。彼らにとって、住民の権利を主張する指導者たちは、邪魔な存在です。住民の声を代弁できる指導者をひとり殺害することで、小さな社会で生きる人々から希望を奪い、恐怖による沈黙を強いるのです」

 2017年以降、全国で毎年200人以上の地域指導者、社会活動家が暗殺されている。2019年は279人、今年は7月までに171人以上が殺害されている。

固定ページ:

1

2

関連記事

ランキング

  1.  「ロヒンギャ問題」を適切に理解するための情報を持ち合わせている日本人は限られている。メディアによる…
  2.  8月末、中国とインドの国境に位置するヒマラヤ地域の係争地ラダック地方に中国が侵攻を試みたのを機に、…
  3.  2020年7月1日、香港に国家安全維持法(国安法)が導入され、一国二制度が崩壊した。1997年7月…

ピックアップ記事

  1.  「ロヒンギャ問題」を適切に理解するための情報を持ち合わせている日本人は限られている。メディアによる…
  2.  8月末、中国とインドの国境に位置するヒマラヤ地域の係争地ラダック地方に中国が侵攻を試みたのを機に、…
  3.  2020年7月1日、香港に国家安全維持法(国安法)が導入され、一国二制度が崩壊した。1997年7月…
ページ上部へ戻る