煙害に有効な国際法を
マレーシア政府は明確で強い対策示せ

  • 2019/9/27

 インドネシア・スマトラ島とボルネオ島で発生した森林火災を原因とする煙害が、国境を越えて東南アジア諸国に被害を広げている。マレーシアの英字紙「ザ・スター」は、9月22日付の社説でこの問題を採り上げた。

インドネシア・スマトラ島とボルネオ島で発生した森林火災を原因とする煙害が、国境を越えて東南アジア諸国に被害を広げている (c) AFP/アフロ

被害は58年前から

 社説によると、マレーシアで最初に煙害が報告されたのは58年前のことだ。1961年10月、ロンドンからクアラルンプールに向かっていた航空機が煙のために着陸することができず、シンガポールに着陸したことがあった。その後、マレーシアでは、1997年、2006年、2013年、2015年に深刻な煙害が起きている。

 1997年の煙害は、マレーシアのほか、シンガポール、タイ、インドネシア、ブルネイに広がり、それらの国で深刻な健康被害ももたらした。2006年の煙害はさらに被害が広がり、韓国やサイパン、北太平洋の群島にまで広がったという。

 2013年、2015年の煙害では、航空スケジュールに影響が出たり、学校が閉鎖されたり、病院に駆け込む人が相次いだりした。特に、2015年には煙害が10月いっぱい続いた。

 社説は、「マレーシアも、インドネシアも、この問題について何年間も協議を重ねているが、いっこうに解決しない」と、指摘する。

固定ページ:

1

2

関連記事

ランキング

  1.  「ロヒンギャ問題」を適切に理解するための情報を持ち合わせている日本人は限られている。メディアによる…
  2.  8月末、中国とインドの国境に位置するヒマラヤ地域の係争地ラダック地方に中国が侵攻を試みたのを機に、…
  3.  2020年7月1日、香港に国家安全維持法(国安法)が導入され、一国二制度が崩壊した。1997年7月…

ピックアップ記事

  1.  「ロヒンギャ問題」を適切に理解するための情報を持ち合わせている日本人は限られている。メディアによる…
  2.  8月末、中国とインドの国境に位置するヒマラヤ地域の係争地ラダック地方に中国が侵攻を試みたのを機に、…
  3.  2020年7月1日、香港に国家安全維持法(国安法)が導入され、一国二制度が崩壊した。1997年7月…
ページ上部へ戻る