「黒旗」
「戦う覚悟はできている」

  • 2021/3/29

【編集部注】

国軍記念日で多くの犠牲者が出た翌28日のヤンゴン市内の様子を伝えるFacebook動画をご紹介します。

~ 以下、Facebook投稿より ~

 昨日(27日)に、国軍側の弾圧で114人もの犠牲者を出したとされる、その翌日。ミャンマー最大都市ヤンゴンのタケタ地区では、数百人の若者らがシュプレヒコールをあげていた。
 大通りには土嚢を積み上げたバリケードが何重にも築かれ、最前線ではタイヤが勢いよく炎と黒煙とをあげていた。
 双眼鏡を持つ見張り役の若者がバリケード越しにあたりをうかがう。その上には、2棹の旗がひるがえっていた。1つはよく目にする孔雀と星が描かれたNLDの党旗。そしてもう1つは黒塗りの旗だ。最近デモ隊が掲げるようになったこの黒旗の意味するところは「降伏しない」、または「戦う覚悟はできている」だ。
 しばらくすると、デモ隊や住民が一斉に走り出した。バリケードの前線に駆けつけるもの、横道に入り避難するもの。近くに部隊が近づいてきているようだ。遠くからダーン、ダーンと銃声が聞こえる。デモ隊からは声があがり、「ハッピーニューイヤー」とヤジが飛ぶ。
 若者たちは、バリケードに身を隠し、火炎瓶を準備する。部隊の侵入してくるルートに、タイヤを運んでいつでも火をつけられるように油をまく。大通りの左右に展開したデモ隊の中には、手製の弓矢をひくものもいる。
 緊張は1時間ほど続いただろうか。デモ隊から歓声が上がった。部隊が移動したのだろうか、危機はいったん去ったようだ。多くの若者が前線から歌をうたいながら引き上げてきた。
 そして、私がその場を去った後の同日夕、タケタ地区の友人から、鎮圧が始まったようだと連絡が来た。マシンガンの音なのだろうか、連続した軽い音が響く動画も届いた。被害の詳細は明らかではない。「恐怖から自由であるために、独裁は認めない」と話していた若者や住民たちが、無事であることを祈るしかない。

(動画は、28日午前、タケタ地区で部隊と対峙するデモ隊、黒旗を掲げてシュプレヒコールをあげるデモ隊)

 

引用元リンク:https://www.facebook.com/100002156974471/videos/4169950539753471/

 

 

 

 

 

 

関連記事

ランキング

  1.  米連邦最高裁判所は6月24日、「人工妊娠中絶は憲法で保障された権利である」と認定した1973年の「…
  2.  中国は4月19日、南太平洋のソロモン諸島と安全保障協定を締結し、中国共産党の習近平・中央軍事委員会…
  3.  国際社会における安全保障の枠組みが大きく変わってきた。この夏は、特に南太平洋が熱い。米国は、軍事プ…

ピックアップ記事

  1.  米連邦最高裁判所は6月24日、「人工妊娠中絶は憲法で保障された権利である」と認定した1973年の「…
  2.  中国は4月19日、南太平洋のソロモン諸島と安全保障協定を締結し、中国共産党の習近平・中央軍事委員会…
  3.  国際社会における安全保障の枠組みが大きく変わってきた。この夏は、特に南太平洋が熱い。米国は、軍事プ…
ページ上部へ戻る