フィリピンの経済成長に陰りか
国際機関が軒並み「下方修正」を予想

  • 2019/8/7

 課題を抱えながらも、順調な経済成長を続けているフィリピン。しかし、2019年も半ばを過ぎ、国際機関が相次いで2019年のフィリピンの経済成長率予測を「下方修正」している。フィリピンの英字紙「フィリピン・デイリーインクワイアラー」は、社説でこれを採り上げ、「経済成長予測に振り回されるな」と述べた上で、「来るべき困難に備えよ」と警告する。

首都・マニラの夕景。フィリピン経済の今後について、国際機関は軒並み下方修正を発表している (c) Andrey Andreyev / Unsplash

 

◆国際機関の予測修正

 フィリピンの経済成長予測のうち、直近に発表されたのは、国際金融機関(IMF)による「世界経済アウトルック」のアップデート版である。この中で、IMFは4月に予測した成長率6.5%を6%に引き下げている。フィリピンの2019年度予算成立が遅れて4月にずれ込んだことや、米国と中国の貿易摩擦の影響で輸出が鈍化したことなどが、下方修正の主な理由だ。

 さらに、世界銀行やアジア開発銀行(ADB)も、フィリピンの2019年の経済成長率を下方修正した。理由はIMFと同じだが、加えてエルニーニョ現象によって乾季が長引き、農業に影響を与えることも挙げている。

固定ページ:

1

2

関連記事

ランキング

  1.  「ロヒンギャ問題」を適切に理解するための情報を持ち合わせている日本人は限られている。メディアによる…
  2.  8月末、中国とインドの国境に位置するヒマラヤ地域の係争地ラダック地方に中国が侵攻を試みたのを機に、…
  3.  2020年7月1日、香港に国家安全維持法(国安法)が導入され、一国二制度が崩壊した。1997年7月…

ピックアップ記事

  1.  「ロヒンギャ問題」を適切に理解するための情報を持ち合わせている日本人は限られている。メディアによる…
  2.  8月末、中国とインドの国境に位置するヒマラヤ地域の係争地ラダック地方に中国が侵攻を試みたのを機に、…
  3.  2020年7月1日、香港に国家安全維持法(国安法)が導入され、一国二制度が崩壊した。1997年7月…
ページ上部へ戻る