ミャンマー国軍への厳しい判断を迫られるASEAN
注目集まる首脳会合がカンボジアで開幕

  • 2022/11/12

 ミャンマー国軍が、2021年2月にクーデターにより実権を握ってから2年近くが経とうとしている。国際社会の激しい非難にもかかわらず、ミャンマー国内では今も国民への弾圧が続いている。ミャンマーも加盟国である東南アジア諸国連合(ASEAN)は11月、首脳会議や、対話パートナー国との重要な会議を重ねる。一向に進展しないミャンマー問題に厳しい姿勢で臨め、という声は高まるばかりだ。

カンボジア・プノンペンで3日間にわたり開催されるASEAN首脳会議では、ミャンマー情勢や南シナ海の問題などが話し合われる

提案はねつけられ募る深い感情

 シンガポールの英字紙ストレーツ・タイムズは11月1日付けで、「ASEANはミャンマー問題について厳しい判断をする必要がある」という見出しとともに社説を掲載した。
 社説は、「ASEANの指導者たちは11月に首脳会議を開くが、ミャンマー問題についてはほとんど進展を見ないであろう」という悲観的な見通しで始まる。
「暴力は一向にやまず、国内の関係者の対話は実現していないうえ、ASEAN特使による努力も無駄に終わっている」
 さらに、「ミャンマー国軍は以前、政治的ではない代表者をミャンマー代表としてASEAN会議に送るように、というASEAN側の提案をはねつけた。彼らは、それによってASEAN諸国に蓄積された深い感情を見くびっているようだ」「たとえばASEAN域内最大国であるインドネシアは、不都合なことを隠して見て見ぬふりをするのはもう我々の選択肢ではない、とまで発言している。これは見逃してはならない警告だ」と、ミャンマー問題に対するASEAN諸国の姿勢について述べる。
 また、ミャンマー国軍の現状については「中国やインド、そして最大の武器供与国であるロシアに対して、その地政学的な位置づけを利用している」と指摘したうえで、「その立場も、いつまでも続くものではない」と強調する。2023年度のASEAN議長国は、域内有力国のインドネシアだ。
 「2021年2月のクーデターから続く悲劇は長すぎる。厳しい、そして解決へのカギとなる決断がとられなければならない」

無視されたフン・セン首相の呼びかけ

 ASEANの現議長国であるカンボジアのフン・セン首相が、ミャンマー問題にどのように取り組んでいるかを論じた記事が、11月8日付のバンコクポストに掲載された。執筆したのは、カヴィ・チョンキタヴォーン氏。アジア問題のベテランジャーナリストだ。
 カヴィ氏は記事の中で、フン・セン首相が当初、ミャンマー国軍が彼のアドバイスを無視するだけでなく、ASEAN特使を迎えることも繰り返し拒むとは思っていなかったようだ、と指摘している。フン・セン首相は、ミャンマーのミン・アウン・フライン総司令官に強いメッセージを繰り返し伝えており、特に7月の民主化運動家ら4人の死刑執行については中止するよう強く求めていたが、これも無視されたという。
 「フン・セン首相は8月19日、(総司令官に対して)長い、個人的な文書をしたため、「ASEANとの間で合意した暴力の即時停止など5項目をすみやかに実行しなければ、民主化勢力による国民統一政府(NUG)をミャンマーの代表とすることさえあり得る」と伝えたという。フン・セン首相は総司令官を「兄弟」と呼び、終始、親しみを込めたトーンで文書をしたためたにも関わらず、この文書も無視された。
 「ASEAN議長の任期が終わりに近づいた今、フン・セン首相はミャンマーをめぐる状況が全く違うことを認識している。これまで314日間にわたり、フン・セン首相は忍耐強く、あたかも、戯曲『ゴドーを待ちながら』のように、突破口が開くのを待っていた。しかし、民主活動家ら4人の処刑が強行されたことにより、ミャンマー国軍に対するフン・セン首相の信頼はついえた」             

今年7月に処刑された1人、ピョーゼヤートー元NLD議員(左)。写真は2016年3月11日、ミャンマー・ネピドーで開かれた下院の会議後にアウンサンスーチー氏と共に退席する時の様子 (c) ロイター/アフロ

 カンボジアの英字紙クメールタイムズも指摘しているように、ミャンマー問題に対してASEAN諸国に厳しい姿勢を求める声は、ヒューマンライツウォッチなど国際NGOからも上がっている。また、カヴィ氏の記事にもあるように、ASEAN内には、マレーシアなどを中心に「国軍を排除し、国民統一政府を正式な代表とせよ」という声も強い。11月の一連の会議が事態をどう変えていくのか注目されている。

(原文)

シンガポール:https://www.straitstimes.com/opinion/st-editorial/asean-needs-to-take-hard-decisions-on-myanmar

タイ:https://www.bangkokpost.com/opinion/opinion/2432430/hun-sen-juggles-global-regional-politics

カンボジア:https://www.khmertimeskh.com/501181551/let-asean-summits-decide-on-tougher-sanctions-against-myanmar-junta/

関連記事

ランキング

  1.  「ミャンマーを忘れないで」。10月8日、タイのバンコク芸術文化センターの一角に、若きミャンマー人の…
  2.  16の州から成る連邦制をとるドイツには地域ごとに独自の歴史と文化があり、異なる行政体の下でそれぞれ…
  3.  昨年2月のミャンマーの軍事クーデター後に抗議活動に参加して当局に追われる身となり、現在も国境地帯に…

ピックアップ記事

  1.  「ミャンマーを忘れないで」。10月8日、タイのバンコク芸術文化センターの一角に、若きミャンマー人の…
  2.  16の州から成る連邦制をとるドイツには地域ごとに独自の歴史と文化があり、異なる行政体の下でそれぞれ…
  3.  昨年2月のミャンマーの軍事クーデター後に抗議活動に参加して当局に追われる身となり、現在も国境地帯に…
ページ上部へ戻る