マレーシア、禁煙規制は合法
健康的な生活環境を目指して

  • 2019/11/11

 いまや「禁煙」は、飲食店のみならず、多くの公共の場所で当たり前になりつつある。マレーシアでも、2019年1月から、すべての飲食店において全面禁煙が実施された。マレーシアでは、それまでも公共の場所や官公庁、宗教施設などが禁煙とされていたが、飲食店の全面禁煙はインパクトが大きかったようで、喫煙の権利を主張する人々が、「禁煙は憲法違反だ」として、マレーシア保健省を訴える事態に発展した。 

 マレーシアの英字紙スターは、高等裁判所が10月29日、この訴えを退けたことを受けて、健康な生活についての社説を掲げた。

マレーシアでは高等裁判所が10月末、「飲食店での禁煙規制は吸う権利を侵害している」という愛煙家の訴えを退け、論争が続いている (c) Basil MK / Pexels

「3m離れれば……」

 「飲食店の全面禁煙は、喫煙の権利を侵しており違憲」だと言えるかどうかが争われた今回の裁判で、クアラルンプール高等裁判所は、「喫煙者は飲食店から3m離れれば喫煙ができる。全面的な禁煙ではないため、権利を侵しているとは言えない」との判断を示した。

 社説はこの判断を歓迎しながらも、一方で「原告が控訴する構えであることから、喫煙の権利をめぐる法的な論争はまだ終わりそうになく、健康的な生活環境を目指すたたかいも続く」と指摘し、「禁煙令が定着するまでには、まだ時間がかかる」との見方を示す。

 「健康な生活環境」が、なぜ重要なのか。社説は、「喫煙による慢性疾患を減らすことができれば、結果的に国家の保健関連支出も減る」と、理由を述べ、「国民が健康になるための法律は評価されるべきだ」と、主張する。

 社説によると、非感染性疾患あるいは生活習慣病と呼ばれる病気は、世界中で死亡原因の7割近くを占めるという。最も多いのは、狭心症や心筋梗塞などを含む「虚血性心疾患」。続いて脳卒中、3位に喫煙と関係すると言われている慢性障害肺疾患、4位に肺がん、5位に糖尿病、などとなっている。

 マレーシアではどうか。保健省が2016年にまとめた統計によると、死亡原因の第一位は虚血性心疾患で、13.2%。このほか、脳卒中や糖尿病、慢性障害肺疾患なども死因のトップ10に入っている。

 「われわれは、すべての場所で禁煙するよう求めているのではない。飲食店から3m離れて喫煙することは、喫煙者にとってそれほど難しいことではないだろう。喫煙者に喫煙する権利があるのと同様に、非喫煙者にもきれいな空気を吸う権利がある。法治国家として秩序を守るために、法律は遵守されなくてはならない」と、社説は主張している。

固定ページ:

1

2

関連記事

ランキング

  1.  「ロヒンギャ問題」を適切に理解するための情報を持ち合わせている日本人は限られている。メディアによる…
  2.  8月末、中国とインドの国境に位置するヒマラヤ地域の係争地ラダック地方に中国が侵攻を試みたのを機に、…
  3.  2020年7月1日、香港に国家安全維持法(国安法)が導入され、一国二制度が崩壊した。1997年7月…

ピックアップ記事

  1.  「ロヒンギャ問題」を適切に理解するための情報を持ち合わせている日本人は限られている。メディアによる…
  2.  8月末、中国とインドの国境に位置するヒマラヤ地域の係争地ラダック地方に中国が侵攻を試みたのを機に、…
  3.  2020年7月1日、香港に国家安全維持法(国安法)が導入され、一国二制度が崩壊した。1997年7月…
ページ上部へ戻る