自分たちの言葉を守る戦い
カチン語ニュース雑誌カチンタイムズの記者魂

  • 2019/9/30

慈善団体が運営

 ミャンマー北部カチン州ミッチーナ郊外にある市民団体の2階に、カチンタイムズの編集部があった。カチン州によくみられる植物の葉を壁に用いた木造建物の階段を上がろうとすると、鉱山労働者の姿を映した写真パネルが目に入る。カチンタイムズの記者で写真記者でもあるゾーリンプラさんが撮影したもので、国際的な通信社から世界にも配信されたという。

カチンタイムズの記者兼写真記者のゾーリンプラさん(筆者撮影)

 カチンタイムズは、2015年にスタートした隔月のニュース雑誌だ。すべてカチン語(ジンポー語)で書かれ、およそ60ページのオールカラーの装丁となっている。発行部数は3,000~4,000部で価格は2,000チャット(約140円)。ミッチーナの主要書店に置いているほか、発行元の慈善団体「ヒューマニティ・インスティテュート」が無料で配ることもあるという。

カチンタイムズはミッチーナの主要な書店で販売している(筆者撮影)

 主に政治や経済、文化などの重厚なニュースを取り上げる。最新号では、逮捕された地元の人権活動家についての記事や、民族の歴史についての論文、麻薬問題の特集、フェイスブックのフェイクニュースについて注意を促す記事などが掲載されている。さらに、カチン語の詩など文化に関する記事も載せている。

固定ページ:

1

2 3 4

関連記事

ランキング

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  4.  2023年10月にパレスチナの軍事組織ハマスがイスラエルに大規模攻撃を仕掛けて以来、イスラエル軍に…
  5.  軍事クーデター後のミャンマーで撮影されたドキュメンタリー映画『夜明けへの道』が、4月27日より全国…

ピックアップ記事

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2.  かつて恵比寿の東京写真美術館で、毎年開催されていた「世界報道写真展」。その2024年の受賞作品が4…
  3.  パレスチナ自治区を拠点とするイスラム組織ハマスが2023年10月にイスラエルを攻撃し、1200人以…
ページ上部へ戻る