自分たちの言葉を守る戦い
カチン語ニュース雑誌カチンタイムズの記者魂

  • 2019/9/30

 「我々の団体の目的の一つはカチン語の文筆活動の保護。そのため、カチン語のニュースを出版することは大きな意義があることなんだ」とゾーリンプラさんは説明する。編集部には4人のスタッフがいるものの、専従のスタッフはゾーリンプラさんひとり。取材に加えて執筆・編集も行うほか、フォトジャーナリストとしても活躍する。

カチンタイムズはわずか4人のスタッフで隔月発行する(筆者撮影)

 しかし、ミャンマーの公用語として使われているビルマ語と異なり、カチン語で高度なニュース記事を執筆するのは、カチン族の記者にとっても至難の業なのだという。「ミャンマー語なら数十分で書ける記事に、カチン語では単語の確認などに手間取り数日を要することもある」とゾーリンプラさんは打ち明ける。

 カチン族の間では日常的に用いられているカチン語だが、専門的な語彙が少ないことが問題のひとつだ。

 「例えば、カチン族は山岳民族なので海の魚に関する単語がない。それから、政治に関する用語、科学技術にまつわる単語も少ない」。

 どうしても表現できない場合は、ミャンマー語や英語から単語を借用するという。

固定ページ:
1

2

3 4

関連記事

ランキング

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2.  かつて恵比寿の東京写真美術館で、毎年開催されていた「世界報道写真展」。その2024年の受賞作品が4…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  4. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  5.  2023年10月にパレスチナの軍事組織ハマスがイスラエルに大規模攻撃を仕掛けて以来、イスラエル軍に…

ピックアップ記事

  1.  かつて恵比寿の東京写真美術館で、毎年開催されていた「世界報道写真展」。その拠点となるオランダ・アム…
  2.  台湾の頼清徳政権が正式にスタートして一カ月あまり。非党派・非営利団体・財団法人・シンク…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
ページ上部へ戻る