森林を守れ
違法伐採の取り締まり強化に乗り出すスリランカ

  • 2019/9/9

 ブラジルのアマゾンで、大規模な火災が続いている。今年8月までに、4万3,000平方キロメートルが消失したとされており、これは前年一年分の消失 面積にあたるという。「地球の肺」とも呼ばれるアマゾンの火災に、国際社会もさまざまな形で対策に乗り出している。スリランカの英字紙デイリー・ニューズは、9月2日付の社説でこの問題を採り上げた。

南アメリカ大陸アマゾン川流域に大きく広がる熱帯雨林のアマゾンには豊かで多様な生命体がある。火災の行方が懸念される (c) Ryk Porras / Unsplash

人類の生命につながる宝

 社説では、「アマゾンの火災が、農牧地を拡大するために野焼きを行っていたことが原因で起きたという事実に、特に憤りを覚える。ブラジルのボルソナロ大統領は集中的に非難を浴び、ようやく消火のために軍隊を送り込んだ」と指摘し、大統領の開発政策によって火災が広がっていると言われていることを強調した。

 また、「アマゾンは地理的にはブラジルに位置しているが、地球のものである」とした上で、「どこの国の森林であろうとも、森林は人類の生命につながる力を有しており、宝である」「もし、各国が森林保護に関心を持たず、破壊に関与するようなことがあれば、すべての森林に暗い未来が待ち受ける」と述べ、遠い場所にあるアマゾンの森林の問題を自らの問題として考えるよう訴える。

固定ページ:

1

2

関連記事

ランキング

  1. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…
  2. 【編集部注:】 この記事は4月に掲載予定でしたが、掲載直前に筆者の北角裕樹さんがミャンマー国軍に拘…
  3. 2020年11月のミャンマー総選挙で当選したにも関わらず、2021年2月1日のクーデターによって追放…

ピックアップ記事

  1. 外国人が技能や知識の習得を目指す「技能実習制度」。この制度により来日した技能実習生は2020年に40…
  2. 【編集部注:】 この記事は4月に掲載予定でしたが、掲載直前に筆者の北角裕樹さんがミャンマー国軍に拘…
  3. 2020年11月のミャンマー総選挙で当選したにも関わらず、2021年2月1日のクーデターによって追放…
ページ上部へ戻る