森林を守れ
違法伐採の取り締まり強化に乗り出すスリランカ

  • 2019/9/9

面積が33%に減少

 アマゾンの現状について危機感を持つよう説いた後、社説は自国スリランカですべきことを指摘する。

 「したがって、スリランカも、自国の森林保護に最大限の関心を寄せるべきである。スリランカの森林面積は1990年には36%だったが、現在は33%前後に減っている。森林火災はスリランカでもよく起きる。放火や不注意、自然発火など原因はさまざまだが、いずれにせよ、こうした火災は徹底的に防がなくてはならない。一度失われた森林は、二度と元の姿に戻らないのだから」

 さらに積極的な対策として、「森林の再生」を訴える。「植林の成果が現れるのは、30年、40年も後のことだからこそ、未来に欠かせない森林を守り、育てることは、今すぐに取り掛からなくてはいけない」と、している。

 スリランカでは6月、大統領府がチェーンソーの替え刃の輸入を禁止し、今後5年以内に製材所を閉鎖するという方針を発表している。AFP通信によれば、マイトリパラ・シリセナ大統領(環境相を兼任)は、環境会議の席上、違法伐採の取り締まりと森林保護に強い決意を表明したという。社説も大統領府の方針に沿った形で森林保護を強く訴えている。

 

(原文:http://www.dailynews.lk/2019/09/07/editorial/196243/protecting-our-forestss

(AFPのニュース https://www.afpbb.com/articles/-/3229275)

 

 

固定ページ:
1

2

関連記事

ランキング

  1.  新型コロナウイルス対策として、10カ月にわたり封鎖されていたミャンマー最大都市ヤンゴンのシュエダゴ…
  2.  ミャンマー国軍によるクーデターは、もはや一国の問題にとどまらず、中国や東南アジア諸国連合(ASEA…
  3.  ミャンマー国軍によるクーデターから7日目の2月7日、クーデターに反対する市民らが大規模なデモなど抗…

ピックアップ記事

  1.  新型コロナウイルス対策として、10カ月にわたり封鎖されていたミャンマー最大都市ヤンゴンのシュエダゴ…
  2.  ミャンマー国軍によるクーデターは、もはや一国の問題にとどまらず、中国や東南アジア諸国連合(ASEA…
  3.  ミャンマー国軍によるクーデターから7日目の2月7日、クーデターに反対する市民らが大規模なデモなど抗…
ページ上部へ戻る