デジタル・バングラデシュ(第2話)
テクノロジーが描く水から始まる創世記、その筆下ろし

  • 2019/10/15

デルタの大国が直面する気候変動問題

   いまから百年後に

   わたしの詩の葉を 心をこめて読んでくれる人

   君はだれかー

バングラデシュはデルタ大国 (c) istock.com/Kabir Uddin

 これは、1913年にノーベル文学賞を受賞したタゴールの詩、『百年後』 の一節である。春の季節の自然の恵みを謳う、とても美しい詩だ。

 百年後の世界で、私たちと同じようにタゴールの詩に共感する「だれか」はいるのだろうか?

 今年9月23日、アメリカのニューヨークにある国連本部で開催された 「国連気候行動サミット2019」。話題となった16歳のスウェーデン人で環境保護活動家のグレタ・トゥーンベリさんの怒りの抗議は、そのまま地球の悲鳴にも聞こえる。

 バングラデシュは、デルタ大国である。インド洋・ベンガル湾の最奥部に位置し、パドマ川(上流のインド領内ではガンジス川)、ジョムナ川、メグナ川といった大河の下流、あるいは河口部にある。国土の約50%は標高6~7m以下であり、約68%の土地が、洪水や土壌浸食の危険にさらされている。また、パドマ川は雨期には流量が増加し、洪水をバングラデシュにもたらす反面、乾期には水量がきわめて減少する。パドマ川の上流はインド領となるが、インドはバングラデシュ国境手前に堰を建設し、乾期には川の水をインド領内で利用してしまうため、バングラデシュでは水量が極端に減少するという、国境を超えた空間政策課題も抱える。そんなバングラデシュにとっても、気候変動は看過できない地球的規模課題の一つである。

 今年4月、国際連合児童基金(UNICEF)はあるレポートを発表した。これまでに気候変動によって移住を余儀なくされた子どもは600万人に上り、2050年には2倍に膨れ上がると指摘し、政府に対策を求めている。

固定ページ:

1

2 3 4

関連記事

ランキング

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  3. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  4.  2023年10月にパレスチナの軍事組織ハマスがイスラエルに大規模攻撃を仕掛けて以来、イスラエル軍に…
  5.  軍事クーデター後のミャンマーで撮影されたドキュメンタリー映画『夜明けへの道』が、4月27日より全国…

ピックアップ記事

  1. ミャンマーで国軍が与党・国民民主同盟(NLD)を率いるアウンサンスーチー氏らを拘束し、「軍が国家の全…
  2.  かつて恵比寿の東京写真美術館で、毎年開催されていた「世界報道写真展」。その2024年の受賞作品が4…
  3.  パレスチナ自治区を拠点とするイスラム組織ハマスが2023年10月にイスラエルを攻撃し、1200人以…
ページ上部へ戻る