カテゴリー:ネパール

    南アジアでも新型コロナウィルスの感染を確認

    世界的流行となっている新型コロナウイルスだが、1月29日現在、南アジアではネパールとスリランカで感染者が確認されている。このうち、1人の感染が確認されたネパールのカトマンズ・ポストは27日の社説で、感染症対策のインフラ整…

    ネパールの海外移民労働者を守れ

     ネパールは、昔から移民労働者の多い国として知られている。2018年の統計によると、世界各地で働くネパール人から祖国へ送られるお金は81億ドルにおよぶ。これは、世界で19番目に多い額なのだそうだ。そしてこの「海外送金」は…

    ネパールの路上生活者に適切な住環境を

     ネパールの首都カトマンズには、たくさんの「ホームレス」の人々がいる。ネパール政府はこの問題を解消しようと取り組んできたが、成果が上がっていない。ネパールの英字紙カトマンズ・ポストは、10月28日付の社説でこの問題を採り…

    危機に直面するネパールの報道の自由

    インターネットの広がりで社会や政治の在り方は大きく変わってきた。ネパールでは、元首相のプシュパ・カマル・ダハル氏が、自分自身へのソーシャルネットワーク上での批判について強く反発し、話題になっている。9月30日付けのネパー…

    ネパール・アンプラグド

     世界各地で普及が進む電気自動車。ネパールでも導入の必要性が叫ばれているが、なかなか普及が進まないようだ。ネパールの「カドマンズ・ポスト」は8月29日付けの社説で、より積極的な政府主導の導入を訴える。 [capti…

    動かぬ「お役所」に憤る移民労働者

    GDPの25%を占める海外送金  外国人労働者をめぐる問題は、日本を含む世界各地で重要なテーマとなっている。ボーダーレスといわれる時代、モノだけでなく人もまた、さまざまな形で国境を越える。ネパールについて言えば、199…

ピックアップ記事

  1. 2020-3-30

    新型コロナ対策 ベトナム・ホーチミン市のいま

     3月8日、国際婦人デー。ベトナムでは例年、カップルや夫婦だけでなく友達同士でも、女性にご馳走したり…
  2. 2020-3-29

    アウンサン家とビルマ・ナショナリズム

     「国を守ろうと頑張っているスーチーさんを応援したい」「彼女のようなリーダーはいない」――。2019…
  3. 2020-3-9

    進むタイの少子高齢化と地方分権

    典型的な街で生まれた先進的な取り組み  ショッピングセンターや映画館が建ち並ぶタイの首都、バンコク…
  4. 2020-2-29

    ケニアのイマドキ女子たちの選択

     時代と共に移り変わる流行。ここケニアでも、首都ナイロビを中心に、4~5年前から癖の強い髪をまとめて…
ページ上部へ戻る