中国企業の二面性表す病院の歴史
中国人女性記者が報道番組に込める願い

  • 2019/7/15

番組に託す願い

 シャロンさんは、メディア分野の人材を育成する北京広播学院(現在の中国伝媒大学)を卒業後、フェニックス・テレビに就職した。在職中にフランスにも留学。2005年からは多くのリーダーのインタビューやドキュメンタリーの制作を担当し、スーダンのダルフール紛争、イラク、アフガニスタン、リビア、パレスチナ、南スーダンなど、多くの紛争国での取材を重ね、現場第一主義を身に付けたという。
 2014年に独立後、2015年から「龍が天下を行く」の制作に携わるようになり、中国企業が海外で手掛けるプロジェクトを多数取材。番組制作にとどまらず、中国企業の活動が持続可能なものになり、ひいては国連が定めた持続可能な開発目標(SDGs)の達成に貢献できるようになることを促そうと、企業の社会的責任(CSR)普及を目的としたNGOを自ら設立するとともに、国連開発計画(UNDP)、国連工業開発機関(UNIDO)、国連南南協力室(UNOSSC)など国連諸機関と連携し、プロモーション・ビデオの制作や、国際機関との共催イベントの企画などを手掛けている。

アフガニスタンで取材中のシャロンさん

 シャロンさんの制作する「龍が天下を行く」は、アジアをはじめ、アフリカ、中南米など、世界中で活動する中国企業の最新動向について、現場取材を通じて視聴者にわかりやすく伝えるドキュメンタリー番組で、週に一度、中国語圏の国・地域に向けて放映されている。中国政府の政策や中国企業の海外での活動をおおむね好意的に取り上げているが、同時に、受け入れ国政府の関係者や、プロジェクト所在地の周辺など地元の人々からどのように見られているのかといった視点も紹介するのが特徴的である。この番組には、中国企業が営利を追求するだけでなく社会的責任を果たし、受入国、ひいては国際社会から高く評価される存在になってほしい、というシャロンさんの願いが込められているようだ。

固定ページ:
1

2

3 4

関連記事

ランキング

  1.  2024年1月13日に行われた台湾総統選では、与党民進党の頼清徳候補(現副総統)が得票率40%で当…
  2.  突然、電話がかかってきたかと思えば、中国語で「こちらは中国大使館です。あなたの口座が違法資金洗浄に…
  3.  最後の音が鳴り響いて消えると、わずかな間を置いて、客席から熱い拍手が湧き起こった。ステージ上では、…

ピックアップ記事

  1.  2024年1月13日に行われた台湾総統選では、与党民進党の頼清徳候補(現副総統)が得票率40%で当…
  2.  突然、電話がかかってきたかと思えば、中国語で「こちらは中国大使館です。あなたの口座が違法資金洗浄に…
  3.  最後の音が鳴り響いて消えると、わずかな間を置いて、客席から熱い拍手が湧き起こった。ステージ上では、…
ページ上部へ戻る