武装勢力兵士の切ない愛、カチン語で歌う
カチンの人気歌手・俳優のゾードエカウンさん

  • 2019/8/18

内戦下の少数民族の思いを色濃く反映

「俺は自由のために戦う兵士。贅沢はさせてあげられないけれど、待っていてくれ」

 ミャンマーのカチン州ミッチーナで、カチン族の友人がユーチューブにアップされたひとつのミュージックビデオを教えてくれた。曲名は「解放の日」で歌詞はすべてカチン語(ジンポー語)だ。出征した兵士が故郷の恋人への思いをつづるバラードだが、歌詞でははっきりと表現されていないものの、カチンの人が聞けば誰でも、ミャンマー国軍と激しい内戦を繰り広げている少数民族武装勢力「カチン独立軍(KIA)」のゲリラ兵について表現したものだとわかる。ビデオの内容も、武装勢力の兵士をイメージさせるものだ。

 

カチンの人気歌手・俳優のゾードエカウンさん(筆者撮影)

 で歌っていたのはミッチーナで活動するカチン族アーチストのゾードエカウンさん(32)だ。なんでも地元では有名な曲で、彼のオリジナル曲ではないという。ゾードエカウンさんは、カチン語の楽曲を歌うほか、カチン語の映画にも出演する。カチン族なら多くの人がピンとくる有名芸能人だ。もともとキリスト教の教会で歌っていたゾードエカウンさんはカチンの有名歌手に誘われて、プロの歌手としてデビューした。その後、ドラマに出演するなどして俳優・監督もこなすようになった。

 若者向けのポップミュージックを歌うものの、内容は時折、カチン族の民族感情や社会的状況を色濃く反映する。中には、KIA兵士が主人公のアクションドラマもある。

固定ページ:

1

2 3

関連記事

ランキング

  1.  ミャンマー国軍によるクーデターから7日目の2月7日、クーデターに反対する市民らが大規模なデモなど抗…
  2.  2020年末の中国をめぐる国際的な出来事の一つは、7年越で交渉が続いていた中国と欧州連合(EU)の…
  3.  「ロヒンギャ問題」を適切に理解するための情報を持ち合わせている日本人は限られている。メディアによる…

ピックアップ記事

  1.  ミャンマー国軍によるクーデターから7日目の2月7日、クーデターに反対する市民らが大規模なデモなど抗…
  2.  2020年末の中国をめぐる国際的な出来事の一つは、7年越で交渉が続いていた中国と欧州連合(EU)の…
  3.  「ロヒンギャ問題」を適切に理解するための情報を持ち合わせている日本人は限られている。メディアによる…
ページ上部へ戻る